ビデオ

DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません: DJ KEKKE

DJcity JapanのDopeOnigiriによるインタビューシリーズ、「DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません」第5弾が公開されました。この企画ではDJとしても活動するDopeOnigiriが同じく国内で活躍しているDJにインタビューを行い、現状について様々な質問を行っていくという企画です。

今回のエピソードに出演してくれたのは、国内外で幅広く活躍している日本のスターDJの1人、DJ KEKKEが出演してくれました。パート1ではDJ KEKKEのDJとしてのキャリアについて、初めて東京の現場をみた時について、また若いDJへ向けてこれからどのようなDJとして活動すべきかについてのアドバイスなどを語ってくれています。

パート2は来週公開予定。

関連: DopeOnigiriの色々聞いちゃってすいません: DJ CHARI

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Stresh

DJcityとコラボとなっている匠の手シーズン3の新しいエピソードが公開されました。今回はDJcity Franceの代表であり、Red Bull 3Styleフランス大会でも優勝した経験を持つDJ Streshが出演。TOYODA-STYLEの解説と共にスキルフルな映像をお楽しみください。

【TOYODA-STYLE解説】

シーズン3第03弾はDJ Streshの登場です。彼はRed Bull 3Style 2016 France ChampionでDJcity Franceのオフィシャルメンバーです。Red Bull 3Style 2016に行われたChileでの世界大会の動画もYoutubeにアップされてますのでそちらもチェックですよ!

先ずはベースがブンブンに唸ったビートにワードでのフック。0:30辺りではChirp 2Click Flareを綺麗ににメイクしています。ワードの「I need scratch」の最後の部分0:38だけをエフェクトトリガーでエコーを効果的に使用しています。非常にカッコ良いいですね。
0:51からはチェンビの音にチェンジ。頭からChirp 2Click Flare、0:58での跳ねたスクラッチ、1:02Reverse OG FlareにDelayed 2Clickへ。1:12では一瞬だけ1Handでの1Click Taps Flareを入れています。Qbertが昔から両手で良くやるんですが、彼は片手でやっていますね。僕にはできません。ちゃんとした技の名前もある筈ですが…わかりません。笑 知ってる方はコメントして下さいね!通して聞くとスクラッチスキルの高さが伺えますね。
またルーティンでは彼の色が出ていたと思います。

そういえばよく見ると彼もPhaseを使用してますね。最近ではだいぶ見かける様になりましたが。カートリッジが無くなると針跳びのストレスから解放されるのはスクラッチするDJにとってはありがたい事ですが、寂しく思う方もきっと少なくはないでしょうね〜。

* Chirp 2Click Flare Scratch
* Delayed 2Click Flare Scratch
* 1Hand 1Click Taps Flare Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – Matsu

DJ CHARI & DJ TATSUKIがBLOOM VASE & week dudusを迎えた「Bubble」をDJcityに公開

3週連続でシングルリリースを行ったDJ CHARI & DJ TATSUKIの第2弾となったシングル「Bubble」がDJcityに公開されました。客演には今大人気を誇るBLOOM VASEweek dudusが参加しこの季節にぴったりなサウンドとなっています。プロデュースしたのはお馴染みの人気プロデューサーZot on the WAVE。これからの夏のパーティーや配信ではマストな内容です。

関連: DJ CHARI & DJ TATSUKIがHideyoshi, OSAMI, Young Dalu & Big Mikeを迎えた「Buttobi」をDJcityに公開

イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DJ S.U vs DJ B=BALL

DJcity JapanがGENRE BNDRのYouTubeチャンネルから、イントロ曲名当て対決番組である、「良〜く聞いてください、THE FAST AND THE KNOWLEDGEABLE」を公開しました。

前回の対決では見事DJ 4RESTが勝利しています。今回の対戦では大阪を拠点に活動するDJ S.Uと同じく大阪を代表するDJ B=BALLの対決となっています。

前線で活躍するナイトクラブDJ・MCの音楽知識をイントロクイズにて可視化したゲームであり、総勢16名がトーナメント形式で戦います。ルールは至ってシンプル。先に3問正解したDJ/MCが勝ち抜け。イントロクイズの問題となる楽曲は全てDJcityでダウンロード可能となっています。なお、今大会の司会はDJ 8manが務めています。

関連: イントロクイズ「良〜く聞いてください」: DJ JOJO vs DJ 4REST

WILYWNKAがBrasstracksとのコラボ楽曲「Our Style」をDJcityに公開

日本を代表するHip-HopアーティストであるWILYWNKAがアメリカの有名プロダクションデュオのBrasstracksとコラボした人気楽曲「Our Style」をDJcityに公開してくれました。

元々はBrasstracksの「Fever」という楽曲にWILYWNKAがラップを乗せたもので、自身のライブのみで披露されていた人気楽曲でした。そこからYouTubeやSoundcloudでの公開を経て現在 TikTokでは総再生回数1億5千万再生を超え、投稿動画数は40,000本以上、YouTubeではオーディオのみにも関わらず500万再生を超え、SoundCloudでは100万再生など数々のプラットフォームで大きく再生されています。

このような大きな盛り上がりに気づいた原曲作者のBrasstracksの厚意もあり、正式リリースされた作品となっています。

「Our Style」はコチラから。

関連: Playssonが新EP「Money Laundry」をDJcityに公開

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – Matsu

スクラッチ映像シリーズ「匠の手」シーズン3の第2エピソードにはGoldie Awardsのファイナリストであり、Red Bull 3Styleのアメリカファイナルで準優勝したMatsuが登場。DJcity/Beatsourceに所属する若き24歳のDJであるMatsuのテクニカルなスクラッチを見ることができます。下記にあるTOYODA-STYLEの解説を見ながら映像をお楽しみください。

【TOYODA-STYLE解説】

日本国内における数々のスクラッチバトルで優勝を獲得したTOYODA-STYLEが監修するDJのアーティスティックな手にフォーカスしたスクラッチ専門番組 ”匠の手”シーズン3第2弾はMatsuの登場です。今回のシーズンではDJをされてる方にはお馴染みのDJcityとのコラボレーションとなります。DJcity & Beatsourceでも重要人物である彼のスクラッチはとてもクリーンです。集中してご覧ください。

ビートのBPMは70ぐらいですかね。0:27からSnapsでのフェードイン。チェンビの音がとても心地いいです。0:32でのTransformerのキレが凄いですね。とても速いクリックです。0:42でのOG FlareはSnapsとの合わせ技に見えますね。0:57辺りではSwing Flareなんですが間の取り方で上手くアクセントにしてます。1:05でのBubble Taps、1:08のSnakeも入れるタイミングが良いですね。そのままTransfomerからDleyed 3Clickを入れてFinish。

チェンビを通して使用していたので比較的技はわかりやすい筈です。何度も見返してかっこいい技を真似てみましょう!

* Swing Flare Scratch
* Autobahn Scratch
* OG Flare Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Mark Cutz

DJ CHARI & DJ TATSUKIがHideyoshi, OSAMI, Young Dalu & Big Mikeを迎えた「Buttobi」をDJcityに公開

数々のヒットソングをプロデュースし続けるDJ CHARI & DJ TATSUKIがHideyoshi, OSAMI, Young Dalu & Big Mikeを迎えた新しいシングル、「Buttobi」をDJcityに公開してくれました。Tokyo Young Visionのメンバーで構成されている今回の楽曲はプロデュースにZOT on the WAVEが担当。フロア向けのTrapチューンとなっています。

Buttobiはコチラから。

関連: DJ CHARIとDJ TATSUKIが Hideyoshi, Only U & (sic)boyを迎えた「Innocence」

Playssonが新EP「Money Laundry」をDJcityに公開

名古屋を拠点に全国で活躍する人気ギャングスタラッパーのPlayssonが新しくEP「Money Laundry」をDJcityに公開してくれました。今回のEPではXLIIが全楽曲プロデュースを行なっており、XLIIのパフフルなビートとPlayssonのアグレッシブかつテクニカルなラップがマッチした作品となっています。また客演にはJin Doggと2Marleyが参加しており、全ての作品がフロア向けの作品となっています。

全曲DJcityにて公開中、Hip-Hop DJsはマストチェックな内容です。

DE JA VU
Real Trap Star
Pure Breed (feat. Jin Dogg)
Ghetto Sodachi
Hood Star (feat. 2Marley)

関連: Playssonの楽曲がDJcityに掲載

【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Mark Cutz

スクラッチ映像シリーズ「匠の手」のシーズン3がスタートしました!今回はDJcityとのコラボとなっています。第1話にはDJcityのインハウスプロデューサーであり、SiriusXMのPitbull Globalizationにてオフィシャルミキサーを務めるDJ Mark Cutzが出演してくれました。下記にてTOYODA-STYLEが今回のスクラッチルーティンを細かく説明してくれています。

【TOYODA-STYLE解説】

日本国内における数々のスクラッチバトルで優勝を獲得したTOYODA-STYLEが監修するDJのアーティスティックな手にフォーカスしたスクラッチ専門番組「匠の手」ついにシーズン3が始まります!第1弾はDJ Mark Cutzの登場です。今回のシーズンではDJをされてる方にはお馴染みのDJcityとのコラボレーションとなります。DJcityのSNSで見かけたことあるDJが登場しますのでみなさんどうぞお楽しみに!

今回彼が使用しているビートはMasta Ace/Born To Roll。ブリブリのシンセベースが印象的な90sの世代には懐かしい曲ですね。0:36からTransformer、Crabを使用してシンプルにワード(keep on scratch)を綺麗にカット。ルーティンのイントロ的な箇所ですね。0:46辺りでビートを縦フェーダーで抜いてチェンビのAhhにチェンジ。

薄くエフェクト(エコー)をかけてビートとの一体感をうまく出していますね。スクラッチの音がとても心地いいです。ここでもBaby、Transformer、Crabを随所に織り交ぜています。1:18からスクラッチネタを変更。使用している技:Baby、Foward、Transformer、Crab。

出音が1音1音しっかり出ていますね。奇抜なスクラッチはありませんがクラブプレイをメインにしている為スクラッチのビートキープが凄く上手いですね。彼は基本がしっかりしているお手本のようなDJなのでスクラッチを始めたい方ややり初めの方はぜひ真似して練習してみて下さいね。ミキサー(DJM-S9)よく見ると海外のDJが使ってるのをよく見ますが12inch skinzを使用してますね。スクラッチをする際でも使う道具をカッコよくカスタムするとモチベーションアップに繋がりますから気分を変えたい方はおすすめします。

* Baby Scratch
* Transformer Scratch
* Crab Scratch

関連:【匠の手 シーズン2】Scratch Skills – DJ PRIMO

BANTY FOOTのRUDEBWOY FACEと¥ellow Bucksを迎えた「Light It Up」がDJcityに公開

東海を代表する実力派レゲエサウンドBANTY FOOTがブランニューなアルバム、#CCCをリリースしました。今回はその中でもシングルカットされ話題になった楽曲「Light It Up」がDJcityに公開されました。RUDEBWOY FACE¥ellow Bucksを迎えたレゲエとHip-Hopの絶妙なコンビネーションが特徴な楽曲はこの夏のシーズンにぴったりな作品となっており、配信やナイトクラブに限らず、野外でのDJプレイでも確実にハマる1曲なのではないでしょうか。

「Light It Up」はコチラから。

関連: DJ KANJIがLEX, HIYADAM & Y’Sを迎えた「Smash!!!」を公開

Popular