ビデオ: TimbalandがDJとしてのキャリア、またスター達とのコラボについてなどを語る

プロデューサーとしてレジェンドのTimbalandがDrink Champsに出演しインタビューに答えました。

「グラミー賞を受賞した経験のあるTimbalandはプロデューサーとしてBeyonceJay ZJustin Timberlakeなどスター達の楽曲を手掛けています。インタビューでは彼がDJとして活動を始めたことや、彼のキャリアに影響を与えたコラボレーションについてなどを語りました。」

音楽を始めたきっかけ

「最初はビートボックスをしていたんだ…そこからDJをすることに対して情熱的になっていったよ。そこから自分の作ったビートと曲をブレンドするようになってから音作りにハマっていったよ。音に対して情熱的であり、大好きなんだ。」

音楽業界で初めて成功したと感じた時

「自分達の曲がヒットするなとは全く思っていなかったんだ。どちらかというと段々と認識されていく感じだね。1つの作品に対してたくさんの仕事を詰め込み、それが認められたり、受け入れてもらえるようになったんだ。」

Dr.Dreとの仕事について、また彼から影響を受けたHip-Hopサウンド

「Dr.Dreはラップの神様だったよ…彼はラップを本当にクリーンにしたと思う…どのようにしたらそのドラムをミックスできるのか?どうしたらそのようなドラムの音を鳴らすことができるのか?などを考えさせられて、すごく影響を受けたよ。」

関連: ビデオ: Marley Marlが楽曲のプロデュースについて語る

Popular