ビデオ: Marley Marlが楽曲のプロデュースについて語る

Hip-Hopのレジェンドと言えるMarley MarlがDrink Champsに出演し、楽曲プロデュースについてなどを語りました。

Marleyはこれまで多くの名曲をプロデュースしたことで知られています。これまで彼が携わった楽曲はLL Cool Jの”Mama Said Knock You Out“、Big Daddy Kaneの”Ain’t No Half Steppin“、Eric B & Rakimの”Eric B. Is President“、Biz Markieの”Vapors“、そしてMC Shanの”The Bridge“です。

今回のインタビューではMarley Marlのキャリアを中心に行われました。

新しい世代のHip-Hopについて

「自分はそれを進化だと思っているよ・・・今若者が作っている音楽が嫌いな人はもう歳なんだなと思うよ。自分も当時18歳の時に自分のやっていた音楽が大好きだったんだ。今の18歳の子達も同じ感覚で自分のやっていることが好きなんだと思うよ。」

Electroミュージックをプロデュースしたきっかけ

「Hip-Hopを作る前からエレクトロミュージックを作っていたんだ。自分は既に技術的に精通していたから誰よりも知識はあったよ。」

関連: ビデオ: DJ Jazzy Jeff主催、2018年度のPLAYLIST Retreat

Popular