WORDCHAIN

DJのことば交遊録 WORDCHAIN 05


DJが織りなすプレイの中にあるギミックの一つにリリック繋ぎ(ワードプレイ)とゆうものがある。異なる年代、人種、趣味趣向を持つ人々を、一つのパーティーにまとめるために生まれたDJテクニックの一つ。「言葉をつなぎ、人をつなぐ」これをモチーフにして生まれたWORDCHAIN。DJのことば交遊録ではこのような言葉で遊ぶワードプレイをDJ KOYA & DJ YUSKAYが紹介します

今回はClassic殿堂入りの曲からClub Hitも含めたWORDCHAIN、お金(Money)に纏わる曲を紹介させてもらいます。まず初めにDJのみならず、HipHop愛好者にとっては言わずと知れた Audio Two – Top Billin’

1987年にリリースされ、Rolling Stone’s 50 Greatest HipHop Songs of All Timeにもランクインを果たした名曲中の名曲です。一発屋としても知られているAudio Twoですがその一発の凄さは今でも感じられる楽曲です。そのTop Billin’のリリックにあるMilk Deeの名フレーズ“I Get Money, Money I Got”要するにお金ですよね笑。DJならこの部分をループさせる人も多いかと思います。そして、このフレーズから次に紹介したい曲は、2000年代におけるClub Anthemの一つでもある 50 Cent – I Get Money

自分がどれぐらい成功してるか、お金を持っているかをアピールするかのようなリリック内容になっていますが、ど頭から先ほど紹介したMilk Deeのフレーズをサンプリングしています。ここは前述にありますループ部分から、DJ用語で言うぶっ込みスタイルでPlayする事は必須ですね!
そして今回最後に紹介したい曲は Junior M.A.F.I.A. ft. The Notorious B.I.G. – Get Money

1996年にリリースされたこの曲。伝説的ラッパーであるBiggie (The Notorious B.I.G)によって結成されたグループの看板曲の一つです。この曲もど頭で“Fuck bitches, Get Money”というフリーズを繰り返しますが、ここでも共通の”Get Money”要するにお金ですよね笑。自分は50 CentのI Get Moneyの後にこれをよくプレーしますが、その場合はど頭にある”I Get Money”に戻して、その部分をループさせてこの曲Junior M.A.F.I.A. – Get MoneyをMixさせるというやり方をよくやります。
余談になりますが、曲のカッコ良さもさることながら、このPVがとにかくスゴいです!と言うのもPVでBiggieの当時の奥さん(Faith Evans)、Biggieの彼女(Lil Kim)、Biggieの彼女2(Charli Baltimore)をBiggie本人を交えてリアルに起こったいざこざをこのGet MoneyのPV上で再現してます。やる事が超越しててそれすらカッコ良いと思ってしまいました笑。
という事で今回はお金に纏わるWORDCHAINを紹介させていただきました。自分もClub Playでよく使うルーティーンなので皆さんも是非、自分なりにお金に纏わるルーティーンを作って音楽で遊びましょう!

関連: DJのことば交遊録 WORDCHAIN 04

DJのことば交遊録 WORDCHAIN 04


DJが織りなすプレイの中にあるギミックの一つにリリック繋ぎ(ワードプレイ)とゆうものがある。異なる年代、人種、趣味趣向を持つ人々を、一つのパーティーにまとめるために生まれたDJテクニックの一つ。「言葉をつなぎ、人をつなぐ」これをモチーフにして生まれたWORDCHAIN。DJのことば交遊録ではこのような言葉で遊ぶワードプレイをDJ KOYA & DJ YUSKAYが紹介します

今回は再びClub Playの観点から個人的にもよく使うワード繋ぎです

Snoop Dogg – Gin & Juice

QB’s Finest – Oochie Wally

まずはこの2曲の共通するリリック “They Ain’t Leavin’ Til’ 6 In The Morning”この部分を拾ってMIX!この手のやり口の基本はリリックなりサンプリングネタなり何か気持ちいい共通項を探す事が大切かな?そこにセンスも問われるから要注意!ちなみにこの後の展開ですが、個人的にはThe Notorious B.I.G. – One More Chanceなんかどうでしょ?

Oochie Wallyの4ヴァース目の頭に”When It Comes To Sex”共通リリック発見!!ディグり続ける事と拘りのセンスを出す事で、そのDJの個性を存分に引き出させる事こそWORD PLAYの醍醐味ではないでしょうか?

関連: DJのことば交遊録 WORDCHAIN 03

DJのことば交遊録 WORDCHAIN 03


DJが織りなすプレイの中にあるギミックの一つにリリック繋ぎ(ワードプレイ)とゆうものがある。異なる年代、人種、趣味趣向を持つ人々を、一つのパーティーにまとめるために生まれたDJテクニックの一つ。「言葉をつなぎ、人をつなぐ」これをモチーフにして生まれたWORDCHAIN。DJのことば交遊録ではこのような言葉で遊ぶワードプレイをDJ KOYA & DJ YUSKAYが紹介。

今回紹介するWORDCHAINにまつわる1曲目は2003年にリリースされた「Lil’ Kim ft. 50 Cent – Magic Stick」客演に当時ノリにノっていた50 Centと組んで、惜しげも無く堂々と下ネタを披露したスーパーヒット曲です!2000年代を代表するクラブヒットと言っても過言ではない1曲ですが、内容はかなり低俗かつ過激でセクシャルな歌詞なのが理由で、シングルカットされていなかったにも関わらず、あまりの人気で長い間ビルボードチャートに居座った伝説的な1曲です。

次に紹介する曲は「50 Cent – Candy Shop」2005年にリリースされ瞬く間にビルボードチャートの1位を獲得したこの曲は、先程紹介したMagic Stickの単なる焼き直しとも言われている程にリリックが似ており、50 Cent本人も「低俗にもワイセツにもならず、男性目線で出来るだけセクシャルになるようにした」と語っている1曲です。

そして最後に紹介する曲は昨年、20歳という若さでこの世を去ったNew York Brooklynが生んだ天才ラッパーPop Smoke。そんな彼のデビューアルバムで遺作となったShoot for the Stars Aim for the Moonに収録された「Woo」です。タイトルにもあるWooとはPop SmokeのホームであるBrooklynで結成されたBloodsとCripsのGang同盟のことだと言われています。前に紹介した2曲と関連性が無いのでは、と思われるかもしれませんが、この曲のタイトル「Woo」はGang名だけではなく、“Swagger and Luxury” つまり贅沢な生活を送るイカした人々の事として使っている。また作詞には50Centも参加しておりリリックには”Let me take you to the candy shop”と歌っている箇所もあり、DJにとってはこの部分で前に紹介したCandy ShopまたはMagic Stickに繋ぐ事もできますし、またその逆の繋ぎもできたりと色々と楽しめるのではないかと思います。

以上、今回紹介した曲はアメリカ的と言いますか、少し過激でセクシャルなHip Hopを中心に紹介しました。

関連: DJのことば交遊録 WORDCHAIN 02

DJのことば交遊録 WORDCHAIN 02


DJが織りなすプレイの中にあるギミックの一つにリリック繋ぎ(ワードプレイ)とゆうものがある。異なる年代、人種、趣味趣向を持つ人々を、一つのパーティーにまとめるために生まれたDJテクニックの一つ。「言葉をつなぎ、人をつなぐ」これをモチーフにして生まれたWORDCHAIN。DJのことば交遊録ではこのような言葉で遊ぶワードプレイをDJ KOYA & DJ YUSKAYが紹介していきます。今回はCLUB DJ目線からこの手のワードプレイの最も基本になったといっていいコレ!

DJ Mister Cee – Where Brooklyn At?
The Notorious B.I.G – Hypnotize

Biggie (The Notorious B.I.G)の@Madison Square Gardenで行われたライブ音源を使用した1枚目(DJ Mister Cee – Where Brooklyn At?)のまさに“Where Brooklyn At”の煽りの部分をループしてThe Notorious B.I.G – Hypnotizeをミックス…。コレに関しては深くリリックを拾うと言うよりは単純に「Brooklyn」といえば?的なラフな繋ぎ!この繋ぎ方から始まり後にはThe Notorious B.I.G – Juicyやその他の曲、そして彼を継承するJay-Zの曲なんかに差し替えてもいける万能ルーティン! 90年代から現代にまで受け継がれる伝統的手法と言っていいでしょう


関連: DJのことば交遊録 WORDCHAIN 01

DJのことば交遊録 WORDCHAIN 01

WORDCHAINをテーマに初回に相応しい曲の繋ぎの紹介としてまずは、自分達(DJ KOYA & DJ YUSKAY)が先日リリースしたWORDCHAIN TシャツのバックプリントにもなったCypress Hill – How I Could Just Kill A ManとRedman – Time 4 Sum Aksionの2曲の紹介をしたいと思います。

Hip-Hop界のみならずMixture Rock界でもその名を馳せたCypress Hillによる1991年にリリースされたHow I Could Just Kill A Manと、デビューから一気にスターに登りつめたRedmanのDebut Albumに収録され爆発的人気となった1993年にリリースされたTime 4 Sum Aksion。RedmanがCypress Hillの「Time for some action!」のリリック部分を引用、いわゆるサンプリングをしておりHow I Could Just Kill A Manのリリック内にある「And you know I had to gat ya~」というフレーズ終わりで、Redman – Time 4 Sum Aksionをど頭からカットインでぶっ込むという繋ぎ方が世界中のテッパン的な繋ぎとなりました。90年代の曲ではありますが、未だに世界中のDJにplayされている名曲2曲です。


関連: CH419: “しりとり”で曲を繋ぐWORD CHAINミックス

CH419: “しりとり”で曲を繋ぐWORD CHAINミックス

今回のCH419ではDJ Koya, DJ Yuskay, DJ IKUによってHip-Hopクラシックを使ったルーティンを公開しました。今回は異なる年代、人種あらゆる趣味趣向を持つ人々と一緒にパーティーするためにうまれたDJの楽曲をつなぐテクニックの1つ“ワードプレイ”に発想を得てできた言葉をつなぎ、人をつなぐジャンルベンダーカルチャー”WORDCHAIN”をコンセプトに行われたルーティンです。下記のDJ IKUの解説を見ながら上記の映像をお楽しみください。

【DJ IKU解説】

今回は1992年のリリースから多くのヒップホップDJ達が繋いだであろう鉄板の繋ぎCypress Hillの「How I Coulld Just Kill A Man」からのRedmanの「Time 4 Sum Aksion」、続けてLL Cool Jの「Mama Said Knock You Out」。王道ヒップホップクラシックソングを使った誰もが納得のレシピをDJ KOYADJ YUSKAYDJ IKUで再現。着用しているTシャツは今回のワードプレイがデザインされており、わかる人にはわかる、そんなアイテムになっています。何のワードで繋いでいるかをディグるのもDJの楽しみの一つなのであえて言いません。次回のWORD CHAINもお楽しみに!

関連: CH419: DJ IKUが2010年代の日本語楽曲クラシック(prod. DJ HAZIME)を使ってミックスしてみた

Popular