rekordbox

レビュー: Beat Jump機能を使用して次の楽曲に備える

今週のTips and Tricksでは、MojaxxがSerato DJ Proに備わっているBeat Jumpについて解説しています。今回は直接的なパフォーマンス時における活用ではなく、楽曲を準備する場面で役に立つ機能の紹介です。
ビデオで説明されている機能はTraktor Proやrekordbox DJにも似たものが備わっています。

関連: Tips and Tricks: MasterSoundsのLiner 4VロータリーミキサーとエフェクトユニットFX Unit

レビュー: Pioneer DJ Rekordbox 5.6.1 ベータ版

Pioneer DJが新しくrekordbox 5.6.1のベータ版を公開しました。今回のレビューでは新しくBeatport LINKSoundCloud Go+(日本ではまだ利用できません)などのストリーミングサービスとの連動についてを中心にレビューされています。

今週のTips and Tricksでは初めてMojaxxがrekordbox 5.6.1ベータ版に初めて触れ、解説しています。ベータ版のダウンロードはこちらから。

※現在ベータ版はMacのみの対応となっており、Windowsバージョンは近日公開予定

関連: レビュー: Pioneer DJのDDJ-200コントローラー

Pioneer DJがXDJ-RRコントローラーを発表

Pioneer DJ XDJ-RR

Pioneer DJが新しくRekordbox対応のXDJ-RRコントローラーを発表しました。

Pioneerのウェブサイトによると「XDJ-RR は多くのトップDJから支持されているCDJ-2000NXS2やDJM-900NXS2を使いこなせるようになるための、最適な2chオールインワンDJシステムです。CDJ-2000NXS2やDJM-900NXS2 の基本機能を搭載し、これ1台で世界中のクラブにある機材と同じ操作感で選曲、ミックスをすることができます。」とコメントしています。

以前DJcityTVでもレビューを行なったXDJ-R2同様、XDJ-RRはUSB、またはラップトップを使用してのDJプレイが可能となっています。

– 4つのサウンドカラーFX: Filter、Noise、Dub Echo、Pitch
– 3つのビートFX: Echo、Reverb、Flanger
– 2つのUSB-Aポート
– Rekordbox DJライセンス
– Rekordbox ビデオライセンスを含む様々なシステム

下記でレビュー動画を見ることができます。

関連: レビュー: Pioneer DJ XDJ-RX2コントローラー

Pioneer DJがrekordboxコントローラーであるDJ-1000を公開

Pioneer DJ DDJ-1000
Pioneer DJ DDJ-1000 (Photo source: Pioneer DJ)

Pioneer DJが先日rekordbox DJソフトウェア向けのコントローラーであるDJ-1000を公開しました。

4チャンネルのミキサーであるDDJ-1000はDJプレーヤーおよびDJミキサーと同じ操作感のインターフェイスが搭載されています。各ジョグホイールの中央に高精細液晶ディスプレイを搭載し、再生時間や波形などの必要な情報を手元で把握できます。

DJM-1000はこれまで発表されたDJMミキサーシリーズと同等のエフェクターを使用することができます。また新たにENIGMA JET、MOBIUS(SAW)、MOBIUS(TRIANGLE)、LOW CUT ECHOの4種類のBEAT FXが追加されました。

また2つのUSBポートが搭載されているため、DJの交代も可能です。そして16のパフォーマンスパッド、またrekordbox DJのライセンスも付いています。

1月中旬から販売されるとのことです。日本では税込で¥142,800(税込)で販売されるとのことです。詳しいことはPioneer DJのウェブサイトで確認できます。下記でRed Bull 3StyleのワールドファイナリストであるDeejay Irieのパフォーマンス動画を見ることができます。

関連: Tips and Tricks: Pioneer DJのDJS-1000

Pioneer DJがrekordbox 5.0をリリース、そしてDDJ-XP1コントローラーを発表

Rekordbox5-600

rekordbox 5.0

パブリックベータ版のテストが終え、Pioneer DJは最新版であるrekordbox 5.0を昨日リリースしました。

新しいrekordboxには新しくKORTECHというエンジンが搭載されました。KORETECHエンジンでは楽曲のロード、DJパフォーマンスの高いレスポンス性能、ブラウズのスクロール性能などあらゆる性能が向上しており、楽曲解析能力が以前よりもさらに高精度になりました。

またいくつかの機能も追加されています:

– PioneerのDJM-S9ミキサーをサポートするようになる
– 16のCueポイントを操作可能になる
– 新しいキーシフト、キーSYNC、そしてキーボードモードが搭載
– USBのデータをインポート、メタデータ同時に行うことが可能

DDJ-XP1

また、Pionnerは新しくrekordbox専用のコントローラー、DDJ-XP1を発表しました。今回コントローラーに搭載されている32のパッドを使用して、「HOT CUE」「PAD FX」「BEAT JUMP」「SAMPLER」「KEYBOARD」「BEAT LOOP」「KEY SHIFT」などの機能を活かしたDJパフォーマンスが可能となりました。また新しく「KEY SHIFT」モード、「KEYBOARD」モードも追加されています。パッドの左右に配置している「SLIDE FX」は、エフェクトのON/OFF状態問わず、触るだけでエフェクトコントロールができます。

また11月にはDJスタンドであるDJC-STS1、そして様々なカラーのrekordbox専用コントロールバイナルも販売予定です。新しいコントロールバイナルは白、赤、青そして透明の4種類の色から選ぶことができます。

rekordbox 5.0は専用のホームページでダウンロード可能です、DDJ-XP1は今月末から$249ドルで販売されます。

DDJ-XP1の紹介動画を下記で視聴可能です。

関連: Pioneer DJがDJM-S3ミキサーとDDJ-SR2コントローラーを発表

Pioneer DJがRekordbox5のベータ版が公開されました

rekordbox-600-1

Pioneer DJがRekordbox5のベータ版を公開しました。今回のバージョンでは同社が販売しているDJM-S9ミキサーに対応している、またGUI(Graphic User Interface)が更新など様々な昨日がアップデートされています。

先週の木曜日にPioneerが正式に発表。

下記は全ての更新情報です。ベータ版のダウンロードはこちらから。

新しい機能

-DJM-S9のサポート
-GUIが更新
-キーシフト、キーシンク機能
-16のキューポイント、FX機能
-キーボードモード(キーシフトによるHot Cueプレイが可能)
-ビートループモード
-次の曲に到達するまでにHot Cueが再生可能

更新機能

-16or8のサンプラーが表示される。
-ビートサンプリング無しまたはサウンドが短くてもビート・グリッドが設定される
-演奏中にホットキューを最も近いビートにクォンタイズ(量子化)される
-プレイしている曲の時間と残り時間が表示される
-Sync機能付き
-フォントサイズの調整
-楽曲のオリジナルBPMがデッキに表示

関連: Pioneer DJがRekordbox専用のオーディオインターフェースを公開

Pioneer DJがRekordbox専用のオーディオインターフェースを公開

rekordbox-600

Pioneer DJがRekordbox専用のオーディオインターフェースINTERFACE 2を公開しました。

従来のPioneer製品ではRekordbox DJソフトウェアとDVSプラグインは限られたミキサーやコントローラーでしか使用することができませんでした。過去にPioneerより販売している機材やその他メーカーの機材はサポートされていませんでした。

INTERFACE 2ではどのようなDJセットでもRekordboxの機能が使用できるようになります。またDVSのシステムCDJ、USB、そしてバイナル(専用の付属バイナル)で使用することができます。

INTERFACE 2はその名が示すように、2つのチャンネルで2デッキに制限されています。多くのDJにとって機能面として十分だと言われています。しか今後、チャンネル数を増やしたインターフェイスがまた発表されるのではないかとも言われています。

INTERFACE 2は今年の7月上旬に$299で販売されるとのことです。またRekordbox DJとDVSプラグインも付いて来るとのこと。

下記でPioneerのプロモーションビデオを観覧できます。DJcityのTips and Tricksでもレビューされています。

主な機能
-クラブスタンダードを継承した音質
-コンパクトで堅牢な筐体
-音の流れが見える天面LED
-Rekordbox DJとDVSのライセンス、またコントロールバイナルが付属
-大きく表示されるGNDターミナルシグナル
-WAVファイル使用可能

関連: ビデオ: BrainDeaDがPioneer DDJ-RXを使いパフォーマンス

Popular

  • Beatport主催の「IMS Connect in Tokyo」が開催

    Beatport主催の「IMS Connect in Tokyo」が開催。 音楽業界のつながりを深めるためのインスピレーション、学び、DJセットが詰まった無料のコミュニティイベントです。当日のプログラムは以下の通りです: ・DJ NOBUとのQ&A(世界を舞台に活躍する彼の経験を語る) ・RISA T...

  • 最新&注目の楽曲(5月17日)

    Saweetie. 2024年5月17日の週にDJcityに追加された注目の楽曲 是非ダウンロードを! (*マークはDJcityエクスクルーシブ楽曲です。) 1. Saweetie - NANi 2. Billie Eilish - LUNCH 3. Álvaro Díaz & Feid - GATI...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • 現在の国内ナイトクラブでセットアップされているDJ機材とは?【沖縄編】

    本記事では2022年現在、国内のナイトクラブでどのようなDJ機材をインストールされているかを調査しました。各ナイトクラブのレジデントDJが、現場での使用機材や今後導入希望の機材について答えてくれています。本企画5軒目のナイトクラブは沖縄最大級のキャパシティを誇る人気クラブepica OKINAWAのDJ機材を...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • 全国のDJスクール

    ただいま、日本国内において様々なDJスクールが多数ございます。これからDJを始めたい方もこれからスキルアップをさらに目指したい方も含め、どんなスクールがあるのか興味のある方も多いのではないでしょうか?今回は、独自に調べた内容を踏まえ日本国内におけるDJスクールをご紹介します。 ■東京 OTAIRECORD M...

  • 楽曲の一括ダウンロードを可能にしたDJcityのデスクトップアプリ公開

    DJcityはレコードプールクレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が出来る、無料のデスクトップアプリケーションを開発しました。これにより、ダウンロードにかけていた手間と時間を大幅に短縮する事が可能となりました。 デスクトップアプリの主な機能: - クレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が可能 - DJ...

  • 「BAD HOP HOUSE 2」がDJcityに公開

    神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される日本で最も勢いのあるクルーBAD HOP。そんな彼らがDJcityに先日リリー...

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...