DEFRA

DEFRAがキャッチーなトーンプレイ動画をDJcityTVにて披露


ドイツはミュンヘン出身のDJ兼プロデューサー DEFRAが新旧のキャッチーな選曲で構成されたトーンプレイ動画をDJcityTVにて公開しました。インスタグラムでハッシュタグ #ToneplayTuesday を検索するとしばしば登場する彼。ドイツのR&Bシンガー Mark Leano とコラボレートした曲 “Lit “も好評です。

< ルーティン解説 >

イントロはDJであれば押さえておきたいリベラーチェの名台詞「And now for my next number, I’d like to return to the classics…」からスタート。次にMark Ronson ft. Bruno Marsの2014年ワールドヒット曲”Uptown Funk”のフレーズ「Don’t believe me, Just watch」をシンプルに2枚使いしてからホットキューボタンで曲のイントロ部分に飛びます。片側のチャンネルのみでイントロのコーラスを6小節ループさせた後Justin Timberlake「Drums」のドロップをきっかけにもう片方のチャンネルでMicael Jacksonの1983年ワールドヒット曲”Billie Jean”のドラムを挿入し、”Uptown Funk”のコーラス部分で”Billie Jean”のベースラインをトーンプレイで再現。

続いてビバリーヒルズコップのテーマ曲でも知られるHarold Faltermeyerの”Axel F”のメロディー部分で”Billie Jean”のメロディーラインを再現。ここはPioneer DJM-S9の[PARAMETER]ボタンにアサインしておいたSeratoキーシフティング機能を上手く使って正確に弾きなおしていますね。4小節トーンプレイした後は”Alex F”のメロディーをそのまま流し、同時に”Billie Jean”のキックとスネアをキューボタンを使ってフィンガードラミング。ポイントとしてはスクラッチも織り交ぜている点と先程も使用した「Drums」のフレーズを差込んでいるのもグッドです。

さて、仕上げのパートに突入です。再度”Alex F”のメロディーをそのまま流しS9のパッドを徐々にゆっくり叩いて手動トランジション。DJ KOOL「Hit me with the horn」のフレーズをきっかけにドラムスを挿入しつつ、2003年のクラブヒッツDMX “Get It On The Floor”のメロディーラインをトーンプレイで再現。メロディーの数が多いので相当練習したと思われます。ラストは「Let’s Get It On」のドロップからフックを挿入してドヤ顔でフィニッシュ。

トラックリスト:

1. Mark Ronson ft. Bruno Mars – Uptown Funk
2. Michael Jackson – Billie Jean
3. Harold Faltermeyer – Axel F
4. DMX ft. Swizz Beatz – Get It On The Floor

いかがでしたでしょうか。「これくらいだったら自分にも出来そうだ!」と思う方も多いかもしれません。確かに技術的にはそんなに高いテクニックを必要としているルーティンではありません。何が凄いかというとアイデアです。あくまで推測ですがDEFRAは日々トーンプレイを思いついてはトライして〜という事を繰り返しているんだと思います。やはり形にするという事は大事なんだと思います。形にしようともがく中で”気づき”もあるし、人に見てもらいたいという願望も生まれます。皆さんも「思い立ったらすぐ行動」という言葉があるように積極的にトライしてみては!?

DEFRA の FacebookInstagramMixcloudYouTube をフォロー。

関連: DEFRAが新旧ヒップホップを使ったトリックミックスルーティンをDJcityTVにて公開

DEFRAが新旧ヒップホップを使ったトリックミックスルーティンをDJcityTVにて公開


ドイツはミュンヘン出身のDJ兼プロデューサー DEFRAが新旧織り交ぜたHIPHOPルーティンをDJcityTVにて公開しました。インスタグラムでハッシュタグ #ToneplayTuesday を検索するとしばしば登場する彼。ドイツのR&Bシンガー Mark Leano とコラボレートした曲 “Lit “も好評です。

<ルーティン解説>

イントロは1曲目のタイトルでもある”DIP Raar”の「DIP」と自らの名前「DEFRA」のフレーズを簡単なスクラッチで聞かせます。言い方を変えると、フレーズを正確に聞かせたいから簡単なスクラッチにしています(←ここがポイント)。8小節スクラッチし終えると曲がメロディーのみになります。予め設定しておいたHOT QUEとDJミキサー Pioneer DJM-S9の[PARAMETER]ボタンにアサインしておいたキーシフティング機能ボタンを同時に押してメロディーの最初の1音のキーを下げていきます。(動画0:24秒〜)

続いてDJ Mustardの楽曲ではお馴染みのドロップ「Mustard on the beat, ho!」をきっかけに2019年のヒット曲 ” Go Loko “のメロディーをトーンプレイで再現します。ここは欲を言えばリズムキープした状態でドロップを入れてほしかった。トーンプレイも予め使う音をEDITでセパレートしてあるので難易度は低め。8小節トーンプレイすると曲のサビに突入します。そこからカットインで同曲の「Hey mamachita, hey mamachita, hey」に飛ばして4カウントのループを仕掛けつつ、Public Announcement”Mamachita”をMIXしていき”Mamachita”の歌いだしで曲を完全にスイッチ。ここのワードプレイはとても分かりやすいですね。

次の展開は「ワードプレイ × ネタ繋ぎ」的なトリックMIXになります。まずPublic Announcememt “Mamachita”の歌詞の歌いだしを見てみましょう→「Mamachita, Where You At ? Been Trying To Reach Ya〜」となっています。これに対しTyga “Mamachita”の歌詞の歌いだしは→「Mamachita, Where You At ? I’v been Tryna Reach Ya〜」となっています。つまりサビの部分は歌詞をほぼそのまま引用しているのです。このパターンって実は結構あるので気になった歌詞があれば Whosampled とかで検索してみて下さい。なので動画1:31秒のところからは2曲の歌いだしをタイミングよく合わせて、あとは縦フェーダーで片方を出したり隠したりしていますね。ラストパートはサンタナのギターパートの上にギター単音をスクラッチ×ピッチプレイ機能を駆使して被せていきます。DJミキサー内蔵エフェクトのエコーもかかっているのでメロディアスに聞こえてかっこよいですね!しかし最後はやはりサンタナにギターを任せてフィニッシュ。

トラックリスト:

1. Diplo ft. Bizzey & Ramiks – Dip Raar – Instrumental
2. Freak Nasty – Da’ Dip – Acapella
3. YG ft. Tyga & Jon Z – Go Loko
4. Public Announcement – Mamacita
5. Tyga, YG, & Santana – MAMACITA With E-Guitar Tool

いかがでしたでしょうか。全体的に見やすくて聞きやすかったのですが・・・1点だけ残念だったのは彼がEDITしているであろう音源が割れてしまっていた事。PC画面に映るSeratoの波形を見ても分かりますが、書き出した音源の音量がかなり大きそうです。ルーティン撮影時の録音設定でミスっている可能性もありますがDJなら特に注意したい部分ですね。音が小さいぶんには後の編集で大きくできるけど割れた音はどんなに小さくしても割れたままなので、まだ前者の方が助かります。皆さんも録音時には音が割れていないか確認することをオススメします。

DEFRA の FacebookInstagramMixcloud, YouTube をフォロー。

関連: DJ Tipsy HanがトリッキーなショートルーティンをDJcityTVにて公開

Popular