Asian Hawk

ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkが楽曲”Tired Eyes”を披露


DMC UKチャンピオンの経歴をもつターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkが自身の曲”Tired Eyes”を披露してくれました。スクラッチやフィンガードラムをしながら歌う、というスタイルでそのマルチな才能を発揮しています。

これまでにもDJcityのニュース記事で幾度となく紹介してきたAsian Hawk。過去のDJバトルの映像を見ても分かるとおり彼は作曲した音のパーツを手動で再構築してゆくスタイルが特徴のプレイヤーです。「DJ」といえば基本的には既存の曲(誰かの曲)を使ってプレイする事がほとんどですが、自ら作曲してアウトプットした瞬間に「アーティスト」と呼べるのではないでしょうか。勿論、既存の曲を使って独特の世界観(その人にしか出せないグルーヴ)を表現するアーティスティックなDJも存在します。(私もそうであるように後者の “DJがアーティストに寄せていく作業” も大好きです) そういった意味でAsian Hawkは完全なるアーティストと言えるでしょう。

今回の映像で使用しているテクニカルライダーは、DVSソフトがTraktor、DJミキサーもTraktor-Control Z2、ターンテーブルはBPMが液晶ディプレイに表示されるNumark-TTXUSB、針は使わずPhaseを使用、外部接続でNI(Native Instruments)のMachineTraktor Control-F1といったところでしょうか。(マイク周りはわかり次第追記します)

以前DJcityニュース記事で取り上げたDJ B-BALLのライブリミックス映像や、Red Bull 3Style日本王者のYutoもこの様なライブセットを準備中との情報が入っています。デジタルとアナログの融合、そしてDJとアーティスト/プロデューサーの側面を1回で表現できれば唯一無二の存在になれるのではないでしょうか。

Asian Hawkの Facebook, TwitterInstagram, Soundcloud,をフォロー

関連: ビデオ: ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkが楽曲”Wind Up”を披露

ビデオ: ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkが楽曲”Wind Up”を披露

ターンテーブリスト/シンガーであるAsian Hawkが新たなルーティンをDJcityTV限定で公開してくれました。DMC UKチャンピオンでもある彼は自身の最新楽曲“Wind Up”を披露。スクラッチやフィンガードラムなど多才なスキルを3分の映像で魅せてくれています。

Asian HawkのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: ビデオ: ターンテーブリストであり、シンガーのAsian Hawkが楽曲”Fire”を披露

ビデオ: ターンテーブリストであり、シンガーのAsian Hawkが楽曲”Fire”を披露

ターンテーブリストであり、シンガーのAsian HawkがDJcityTVでルーティンを公開しました。DMCのUKチャンピオンである彼は歌にターンテーブリズムとフィンガードラミング、キーボード演奏などの見応えのあるパフォーマンスを行いました。

Filmed by Revrt.

Asian HawkのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

ビデオ: DJ BraceとAsian Hawkがルーティンを公開

DJ BraceとAsian HawkがDJcityTVでルーティンを公開しました。

2人が共にルーティンを行うのは初めでありますが、Braceは3度DMCワールドチャンピオン、Asian HawkはDMCのUKでタイトルを5度獲得しているベテランです。

12時間の時間で2人はソウルフルで、R&Bなルーティンが完成しました。Asian Hawkは歌やフィンガードラミングを披露、BraceはFretless Faderを使用したメロディースクラッチなどを披露しました。

DJ BraceのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

Asian HawkのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: ビデオ: ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkによる”Shining”のパフォーマンス

ビデオ: ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkによる”Shining”のパフォーマンス

ターンテーブリストでありシンガーというマルチタレントなアーティスト、Asian HawkがDJcityTVにて自身の最新曲”Shining”のパフォーマンス動画を公開しました。今回彼は歌にターンテーブリズムとフィンガードラミング、キーボード演奏などの見応えのあるパフォーマンスを行いました。

Asian HawkのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkによる”Miss Tight”のパフォーマンス

ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkによる”Miss Tight”のパフォーマンス

DMCのUKチャンピオンであるAsian Hawkが自身のソウルフルな楽曲”Miss Tight”を使用したルーティンをDJcityTVで公開しました。Revertによって撮影、編集された4分間のルーティンで彼は歌、スクラッチ、ピアノの演奏を披露しました。

Asian HawkのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkによる”Like Water”のパフォーマンス

ターンテーブリスト/シンガーのAsian Hawkによる”Like Water”のパフォーマンス

DMCのUKチャンピオンであるAsian Hawkがターンテーブリズムと歌を取り入れたルーティンを公開しました。今回パフォーマンスで使用された楽曲は彼自身のオリジナルトラック、”Like Water”です。

今回の映像はRevrtにより撮影と編集が行われました。

Asian HawkのFacebook, InstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: ビデオ: Asian Hawkの”I Am Asian Hawk”ルーティーン

ビデオ: Asian Hawkの”I Am Asian Hawk”ルーティーン

DMCのUKチャンピオンであるAsian HawkがTurntable Meet Soulルーティーンで、ターンテーブリズムと自身の歌声を同時に披露しました。今までにこのようなルーティーンは見たことがないとも言えるのではないでしょうか?

Asian HawkのFacebookInstagramSoundCloudTwitterYouTubeをフォロー。

関連: ターンテーブリズムとSoulミュージック: Asian Hawk

ターンテーブリズムとSoulミュージック: Asian Hawk

ターンテーブリストの中にはFunkyさSoulが足りないと批評するDJもいますが、Asian Hawkはそれとは異なります。Asian Hawkはブリストル出身でThe Disablistsの一員としてDMC UK TeamチャンピオンシップとDMC UKチャンピオンシップにソロで出場している経歴を持ち、シンガーとプロデューサーという側面を持っています。

Asian Hawkの多様なタレントを披露するためにDJcityTVが彼のパフォーマンスを『Turntable Soul』と名ずけました。2分半のルーティーンではスクラッチ、サンプリング、ソウルフルな歌声を収録しています。

Asian Hawkをフォロー: Facebook | Instagram | SoundCloud | Twitter | YouTube

関連: DJ Braceが「Fretless Fridays」にてSage the Geminiの「Now and Later」を使いスラッチ

Popular