A Boogie Wit Da Hoodie

Chris Brownの”Pills & Automobiles”のプロデューサーが語る制作秘話

プロデューサーのSmash DavidOG Parker、そしてThe Martianzがどの様にしてChris Brownのヒットシングル”Pills & Automobiles“を制作したかを語ってくれました。楽曲はフューチャリングでYo GottiA Boogie Wit Da Hoodie、そしてKodak Blackを迎え2017年のDJcity Top50にもランクインしました。

昨年の8月にリリースされた、”Pills & Automobiles”はBillboardのHot 100にてピーク時には46位にランクインしています。尚、楽曲はChris Brownの45曲が収録されたアルバム、Heartbreak on a Full Moonからの4番目のシングルカットとしてプラチナムにも認定されています。

Smash DavidはBig Seanの”Bounce Back“、Khalidの “Location“、そしてFlo RidaがフューチャリングでMalumaを招いた”Hola“の共同プロデューサーとしてグラミー賞にもノミネートされています。アトランタのOG ParkerはMigosGucci Maneをフューチャリングした”Slippery“そして同じくMigosがDrakeをフューチャリングした”Walk It Talk It“を共同プロデュースしています。Hutchと Hideの2人から成るThe Martianzは
Rae SremmurdLil Skies、そしてLil Babyの楽曲をプロデュースしています。

ビデオではそれぞれのプロデューサーがどの様に楽曲制作に携わったを説明しています。又、OG Parkerに至ってはChris Brownとの出会いを振り返っています。

楽曲”Pills & Automobiles”はDJcityにてダウンロード可能です。

関連: Honorable C.N.O.T.E.がTrippie Reddの”Dark Knight Dummo”制作秘話を語る

MV: A Boogie Wit Da Hoodieの”Drowning”

先日デビューアルバム、”The Bigger Aritst“を発表したA Boogie Wit Da Hoodieがプラチナムを記録したシングル”Drowning(Water)”のMVを公開しました。この楽曲はBillboardのHot 100チャートで最高38位にランクインしました。

今回のMVではA Boogie Wit Da Hoodieがマーメイドや鮫が泳いでいる水中でピアノを弾きながらラップを披露している様子を見ることができます。この楽曲でフューチャリングとして参加しているKodack Blackは映っておらず、また彼のラップも今回のMVでは公開されていません。

“Drowning(Water)”のダウンロードはこちらから。

関連: ビデオ: Boogie Wit Da Hoodieの”Drowning (Water)”のプロデューサーがトラックをどう制作したかについて語る

ビデオ: Boogie Wit Da Hoodieの”Drowning (Water)”のプロデューサーがトラックをどう制作したかについて語る

今回GeniusのDeconstructedで放送された新しいエピソードではグラミーにノミネートされたプロデューサーのJahaan SweetがA Boogie Wit Da Hoodieの楽曲”Drowning (Water)“の制作について語りました。Kodak Blackをフューチャリングに迎えたこの楽曲はBillboard Hot 100チャートでは38位までランクインしました。

“Drowning (Water)”は3月のDJcity Trendsにも含まれており、A Boogie Wit Da Hoodieのこれまでの楽曲の中で1番高くランクインしたものとなっています。また今年の7月にプラチナムにも認定され、Spotifyでも1億回以上再生されました。

ビデオではJahaan SweetがLogic Proを使用してどのように制作したのか、またA Boogie Wit Da Hoodieのとの偶然の出会いや、また18世紀の作曲家Johann Sebastian Bach(バッハ)にインスパイアされ、今回のビートが作られたことについて語りました。

Jahaan Sweetはロサンゼルスを中心に活動しており、これまでKehlaniLana Del Rey、そしてTy Dolla $ignなどをプロデュースしています。


関連: ビデオ: Teddy WeltonがGoldLinkのシングル”Crew”の制作秘話を語る

MV: Chris BrownがYo Gotti、A Boogie Wit Da Hoodie、Kodak Blackをフューチャリングに迎えた”Pills & Automobiles”

先日”Questions“のMVを公開したChris BrownYo GottiA Boogie Wit Da HoodieKodak Blackをフューチャリングに迎えた”Pills & Automobiles”のMVを公開しました。この楽曲は今月のDJcity Trendsチャートにも入っています。

今回のMVではアーティスト達ががウォーターパークで楽しみながらパフォーマンスをしている姿を見ることができます。

“Pills & Automobile”のダウンロードはこちらから。


関連: MV: Chris Brownの”Questions”

Popular

  • 【DJ MR.SYN】DJとして最もPLAYした曲

    日本在住のDJとして初めてロサンゼルス発、西海岸最大のヒップホップ専門ラジオ局POWER106のJumpoff Mixに抜擢されるなど、そのミックスセンスを日本から世界へと立証し続けるDJ MR.SYN。地元北海道で長きに渡るDJキャリアの中で最もPLAYした曲3選 Usher ft.Lil Jon &...

  • DJcity Podcast Mix: VDJ ANDY

    今月のDJcity Podcastは沖縄を拠点に活動するVDJ ANDYが担当してくれました。VDJ ANDYは沖縄のGATE 2 StreetにあるClub Sevenや那覇市のClub HARVELのレジデントDJとしてメインタイムを主に担当しているDJです。多くの観光客や駐在しているアメリカ人を...

  • 最新&注目の楽曲 6/7

    Roddy Ricch prod. Mustard - Late At Night Roddy RicchとDJ Mustardの新しいR&B調なシングル。 Bad Bunny - Yonaguni プエルトリコ出身の世界的スターがスペイン語と日本語を交えたメロウなReggaeton作品...

  • Japan Artist Club Hits (May 2021)

    日本のHip-Hopクラブではここ2~3年の間、国内アーティストの楽曲がメインタイムでプレイされるようになりつつあるのではないでしょうか。東京渋谷で日本語ラップがよくプレイされるナイトクラブ、LAUREL TOKYOで活動するDJ Yu-to & DJ NORIO。そして同じく国内産のHip-Ho...

  • 【DJ GEORGE】DJとして最もPLAYした曲

    2002年に大阪から全国へと多大なる衝撃を与え、関西ヒップホップパーティー新時代の基盤を作ったと言えるであろう伝説のビッグパーティー「OSAKA SAFARI」(ex. GRAND CAFE)をプロデュースし、2016年FINALまで10数年ヒップホップパーティーシーンを引率し、さらなる進化をし続けてきた...

  • DJcity Top 50 May 2021 Mix by A4

    2021年5月のミックスが到着しました。ミックスを担当してくれているのはA4(ACKO&DJ 4REST)。 DJcityの2021年5月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。ダウンロードをしていない楽曲をチェックするにも良いですし、ミックス自体もと...

  • DJ KANJI : DJcity Japan Playlist

    ABEMAMIXのレギュラーDJであり楽曲プロデュースも行うDJ KANJIがDJcityにプレイリストを公開してくれました。今回のプレイリストにも含まれている、彼のプロデュースした作品の複数含まれています。また、タイムリーな話題としてDJ KANJIプロデュースのの「Smash!!!」のミュージック...

  • Weekly Hot Tuesday (June 7)

    City Girls - Twerkulator 2018年リリースの「Twerk」のヒットによって一気に注目されその後のフィメールラッパーブームとも言える今に繋がる分岐点を作ったマイアミ出身Yung MiamiとJTから成るCity Girls。2019年リリースの「Act Up」もゴーストな...