ビデオ: Teddy WeltonがGoldLinkのシングル”Crew”の制作秘話を語る

メンフィス生まれ、25歳のプロデューサーであるTeddy WaltonがGoldLinkのシングル”Crew“をどうプロデュースしたかをGeniusの企画である”Deconstructed“の最新エピソードで語りました。このトラックはBrent FaiyazShy Glizzyをフューチャリングに迎えています。

“Crew”は今年の3月にリリースされており、GoldLinkのデビューアルバム”At What Cost
“のリードシングルです。BillboardのHot 100で最高58位までランクインしており、ゴールドにも認定されています。今年の6月にはGucci Maneをフューチャリングに迎えたリミックスも公開されています。

ビデオではTeddy Waltonが楽曲の要素、使用したサンプル、彼なりの常にルールを無視してビートを作る方法について語っています。彼は今回Three 6 MafiaとOwl Cityによる2009年の楽曲”Fireflies”からインスピレーションを受けたとコメントしています。またTeddyはこのビートを制作する前にGoldLinkの楽曲を聴いたことがなかったため、自身が制作したビートがGoldLinkにマッチするのかが不安だったと述べています。

Teddy Weltonはこれまで、Kendrick LamarBryson TillerA$AP Fergなどのアーティストをプロデュースしており、最近ではA$AP RockySchoolboy Qをフューチャリングに迎えた”Electric Body”やKendrick LamarがZacariをフューチャリングに迎えた”Love“などがあります。

関連: ビデオ: A-TrakがLil YachtyとQuavoをフューチャリングで迎えた”Believe”の制作秘話を語る

Popular