KidCutUp: DJバッグに必ず入れてるものとは?

KidCutUp

DJcityユーザーの方々はKidCutUpという名を目にしたことはあるのではないでしょうか?彼のブートレグ、エディットやリミックスがアップされています。ウィスコンシン州出身の彼はロサンゼルスを中心に活動を行なっており、現地の様々なナイトクラブでレジデンシーを行い、またP!nkのオープンアップDJとしてMilwaukee’s Summerfestにおいて2万5千人の前でパフォーマンスを行いました。

彼がDJの際に持ち歩いてるアイテムを公開します。

RCAケーブル

「場所によっては設備の関係でRCAケーブルを使用してDJを交代する必要もあるかもしれない、何なら会場のセットアップ自体が間違っていたらスマートフォンを使ってまでもDJをするために必要かもしれないんだ。お客さんをロックできないのは避けたい事だからね!」

スタッフパス用のネックストラップ

「関係者パスをもらう時、しっかりしたものでない可能性があるんだ、ちゃんとパスをつけとかないと毎回セキュリティに自分が関係者であると言うことを伝える必要があるからね」

小さなLEDライト

「ブースに置くために小さいライトと一緒にフックやマグネットもセットで持っていくよ。自分の手元をきちんと見えるようにするためにね。お客さんが踊っているのを見るのと同じくらいミキサーのつまみやフェーダーをみる必要があるからね。」

バックアップをとっているハードドライブまたはフラッシュドライブ

「もし自分のノートパソコンが万が一起動しなくなっても、バックアップをとっているドライブで別のパソコンでパフォーマンスができるからね、お客さんの前でパフォーマンスができないと報酬なんか受け取ることができないよ。そのような事態が起きないために気をつけないとね」

ミントガム

「常にフレッシュに!」

Items

KidCutUpのFacebookInstagramSoundCloudTwitterをフォロー。


関連: DJ ZoがKidCutUpの「Podcast Battle Breaks」でスクラッチ

Popular