Hi-Tekが3枚のランダムに選んだレコードからビートメイキング

tek-600-1
 
Mass AppealがレジェンダリーHip HopプロデューサーのHi-Tekを人気シリーズRhythm Rouletteにフューチャーしました。このシリーズはプロデューサーがローカルレコードショップにて目隠しランダムに3枚のレコードを選び、その選んだレコードからサンプリングしビートを作るというチャレンジです。
 
Hi-TekはDr. Dreのレーベル、Aftermathのプロデューサーとして2000年代の中盤から携わっています。これまでSnoop Dogg、The Game、50 Cent、そして最近は Anderson Paakの曲をプロデュースしました。
 
Aftermathに所属する前はHi-TekはRawkus Recordsと契約をしていて、Mos DefとTalib Kweliから成るBlack Starのアルバム、そしてTalib Kweliソロ名義のTrain of Thoughtのアルバムに貢献しています。
 
Hi-Tekのプロデューススキルをご覧ください:
 

Popular