DJ Manwell、Stro Elliot、そして14KTがSerato DJとAbleton Linkを使ったパーフォーマンス

Posted by on | No comments

2016年の終わりに、SeratoがAbletonのLink機能とSerato DJを使ったデモンストレーションをできるアーティストを招集しました。その集まった3名であるDJ ManwellとHip-HopプロデューサーのStro Elliot14KTが素晴らしいルーティーンを披露してくれました。

Ableton Linkはワイヤレスでローカルネットワークをつなぐことができる機能で、これによりアーティストはセッティングの煩わしたから解放され音楽をプレイすることだけに集中することができます。 DJ、プロデューサー、ミュージシャンはSerato DJのようなソフトウエアとAbleton Live、又はAbleton Live、Maschine、Reasonの様なDAWとシンクロさせてリンクすることができます。

この機能をショーケースするためにDJ ManwellはReloopのターンテーブルとPioneer DJのミキサーDJM-S9、Stro ElliotはAbleton Push 2、そして14KTはRolandのコントローラーDJ-808を使いました。彼らには3つのルールとして、リンクして繋がっていること、それぞれの音楽を使うこと、セットの中にテンポを変更させことが課されていました。最終的に生まれたのはHip-Hopのビートにのせたフリースタイルセッションのパフォーマンスでした。

Ableton Linkについての詳細はこちらから

関連: DJ SpiderがSeratoのスタジオでルーティーンを披露