Boi-1daがDrakeの”Diplomatic Immunity”をどうプロデュースしたか語る

グラミー賞受賞歴のあるプロデューサーのBoi-1daDrakeの新曲”Diplomatic Immunity“をどうプロデュースしたかを語る様子がGeniusのDeconstructedシリーズで公開されました。この楽曲は1月のDJcity Top 50で19位にランクインしました。

“Diplomatic Immunity”はDrakeのEP、Scary Hoursに収録されているシングルの1つです。リリースされた週にはBillboardのHot 100で7位にランクイン、同じ週にリリースされた”God’s Plan“は1にランクインしました。これによりDrakeは2つ同時にリリースされた作品がBillboard Hot 100チャートにて、トップ10にランクインする初めてのアーティストとなりました。

OVOの専属プロデューサーであるBoi-1daは10代の頃にDrakeと出会い、共に仕事を共に行うきっかけについて、また今回のビートをFL Studioを使用してどう制作したかについて語っています。

関連: ビデオ: BuckwildがThe Notorious B.I.G.の”I Got a Story To Tell”プロデュースについて語る

Popular