【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – DJ Anrev

今週の「匠の手」ニューエピソードではDJcity SGの代表であり、Red Bull 3Styleシンガポールチャンピオン、そしてA-Trak主催のGoldie AwardsファイナリストであるDJ Anrevが出演しました。彼のハイスキルなテクニックをTOYODA-STYLEの解説と共にお楽しみください。

【解説 : TOYODA-STYLE】
シーズン3第06弾はDJ Anrevです。このシリーズを解説する前に動画をいつも通して拝見するんですが、個人的に彼のルーティンは凄く食らいましたね。それぐらいインパクトあるスキルとルーティンです。動画内の多肉植物がとても和むんですがスクラッチの音とはギャップがありとても面白いです。

0:34の序盤では高度なワードスクラッチから入ります。ワード”cut like a guillotine”をTransformerと縦フェーダーで緩くシンプルにハメてますが0:47でAutobahnいきなりトップギアに。この細かさはコントロールがとても難しいですが簡単そうにやってますね…凄いです。

0:58からチェンビにスクラッチネタを変えてヴァースへ。Drug、Crab、Snakeとバランス良く聞かせてきますね。1:09辺りからスローなコンビネーションをビートにうまくハメています。1:20ではビートのスピードアップといった呟きからスクラッチの技も合わせて早くよりダイナミックになって行きます。技は早くて追うのがシンドイんですが、汗
Swing FlareにSliceを組み合わせた難易度の高いコンビネーションを披露しています。

1:26では3ClickのTazerにCalifornia Rollをガチガチにメイクしてます。1:36辺りでのノーフェーダースクラッチのコンビネーションもいいですね!Uzi ForwardからNo Fader 1ClickからButterfly TearでのNo Fader 1Clickと縦フェーダーのコンボ技が炸裂してます。そしてそのまま2Click Obitでfinish。いやー、高度な技やコンボ技が随所に散りばめて構成されていますが緩急ある構成力がしつこく無くとても完成されたルーティンでした。彼のスクラッチはとても勉強になります。早速真似てみようと思いますがこのクオリティまでになるには時間がかかりそうです。笑

* Swing Flare Slice Comb Scratch Comb
* 3Click Tazer California Roll Scratch Comb
* Autobahn Scratch

関連: 【匠の手 シーズン3】Scratch Skills – Damianito

Popular