United Kingdom

ヨーロッパのDJ/アーティストは2021年からUKにてイベント出演をする際はVisaが必要に

Busy P
Busy P performing at the XOYO Club in London. (Source: Facebook)

先日、英国の内務省は2021年からヨーロッパで活動するのアーティストやパフォーマーがイギリスにて公演をする際に、’Tier 5短期就労ビザ‘を申請する必要があると発表しました。

来年からアーティスト達は自由にイギリスとEU間の移動のができなくなります。Tier 5ビザの費用は最大244ポンド、更にスポンサーの証明書が必要となります。許可されると、Visaの有効期限が12~24ヶ月間、

英国政府内では、この問題について多くの意見の相違がありました。文化大臣であるNigel Adamas氏は先月、Music Weekとのインタビューで2020年以降のアーティストの自由な移動を保護するために「絶対に不可欠である」と述べました。

イギリスの音楽業界では、アーティストやパフォーマーに無料または手頃な2年間の就労ビザを要求する請願を開始しました。

関連: DJcity UK Top 20 – January 2020

Popular

  • DJcity Podcast × MADAM WOO DJs: DJ YABLOVE

    DJcity Podcastは東京と大阪に存在するジェントルマンズクラブ「MADAM WOO」とのコラボミックスとなります。3回目のコラボミックスはMADAM WOO TOKYOを代表するDJの1人であり、東京のHip-Hopクラブで同業者からヘッズまでを唸らすスキルの高いプレイが定評であるDJ YABLOV...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Reloop 編-

    古くはターンテーブル2台とミキサー、そしてバイナルレコードと高額な機材を揃えないとスタートできなかったDJ。近年ではPCDJやUSBなどデータでDJをする事が主流となり、様々なDJ機材メーカーがテクノロジーを駆使し、安価ながらも有能な機材を数多くリリースし、初期投資を最低限に抑えDJをスタート出来るようになり...

  • 現在の国内ナイトクラブでセットアップされているDJ機材とは?【広島編】

    本記事では改めて2022年現在、国内のナイトクラブでどのようなDJ機材をインストールされているかを調査しました。各ナイトクラブのレジデントDJが、現場での使用機材や今後導入希望の機材について答えてくれています。本企画4軒目のナイトクラブは広島の人気クラブCLUB L2のDJ機材を、プロデューサーのDJ MIT...

  • DJcityが新価格でリニューアル

    DJcityの料金体系が新しくなりました。ユーザー様よりご要望が多かったマンスリープラン、ヘビーユーザー様にお得な半年プランを用意しました。更に、初めてDJcityをご利用される方にはスタートアッププランもご用意しています。 ■新しい3つのプラン いずれのプランもDJcityレコードプールに掲載さ...

  • MonyHorseの「Look Up」

    日本を代表するHip-HopクルーのYENTOWNに所属するラッパーのMonyHorseが新曲「Look Up」のMVを公開しました。プロデュースには同じくYENTOWNのU-LEEが担当、Chillな雰囲気のトラックの中でMonyHorseのラップや歌を楽しむことができます。またナイトクラブに限らず様々な現...

  • REAL-TのEP「REAL TAPE」に収録されている全タイトル

    REAL-T (prod. Fezbeatz) - Secret Life 大阪出身の強烈な個性とキャラクターを持つラッパーREAL-T。彼のEP、「REAL TAPE」に収録されている全楽曲がDJcityにデリバリーされました。収録されている4曲のプロデューサーにはFezbeatzが携っています。全編...

  • MC Tysonの「I’m “T”」をDJcityにて先行公開

    大阪のMC Tysonが12月18日にリリースを予定している3作目のアルバム、THE MESSAGE Ⅲよりリードシングルとしてリリースされた、「I'm "T"」をDJcityへ先行で提供してくれました。MC Tysonが原点回帰をテーマに制作を行ったというだけあって、ハードコアな仕上がりになっています。リリ...