Idris Elba

Skratch Schoolが”Boasty” DJ Challengeを発表

Skratch School

Skratch BastidのSkratch Schoolが”Boasty” DJ Challengeを発表しました。この楽曲はWiley、Stefflon Don、Sean Paul、Idris Elbaのコラボによってできた楽曲であり、UKシングルチャートでは11位にランクインしています。

今回のDJ Challenge参加者はクラブセットで行えるクリエイティブでスキルフルなルーティンを投稿すること。優勝者には12インチのコントロールバイナル、Red Bull Music 3Styleの”Play With Music”ハット、そしてBastid BBQのが贈られます。

エントリー方法:

– ルーティン使用する音源をこちらからダウンロードしてください。”Boasy”の楽曲のどこかの部分をルーティンに組み込んだものを撮影してください。アカペラ、インストのどの部分を使用しても大丈夫です。

– 動画を投稿するには最低でも16小節必要です。最長で2分までのルーティンになります。

– 今回の企画はクリエイティビティが(50%)テクニカルスキルの部分で(50%)で審査されます。またナイトクラブ、ショーケースで使用できるようなルーティンが望まれています。

– 応募期間は5月3日までとなっています。

詳細はこちらから。下記でDJ Kamoのチャレンジ動画を視聴できます。

関連: ビデオ: Skratch BastidがN.E.R.DとRihannaの”Lemon”を使いルーティンを披露

DJのIdris ElbaがNetflixのコメディドラマに出演

Idris Elba
Idris Elba at the Snowbombing festival in Mayrhofen, Austria on April 13, 2018. (Credit: Andrew Whitton)

俳優でありDJとしても活動するIdris ElbaがNetflixのコメディドラマTurn Up Charlieに出演しました。UK出身の彼は苦境野中チャンスを掴み、スターになるという役を演じます。

DJ Idris Elbaはロンドンの西部でDJのキャリアをBig Drisという名前でスタート、彼はCreamfieldsやGlastonburyなどのメジャーなフェスでセットを披露した経験があり、またPacha IbizaでレジデントDJとしても活動しています。

またプロデューサーとして活動する彼はアルバムやリミックスなどもリリースしています。Jay-Zの2007年にリリースされたアルバムAmerican Gangsterに参加、またここ最近ではNatalie WoodとN:Fostellの”Circles“のHouseリミックスを公開しました。

Idris ElbaははBBC Oneのドラマ、LutherやHBOのドラマ、The Wireに出演したことで知られています。また映画、Mandela: Long Walk to Freedomに出演した時はNelson Mandelaとも共演しています。

今回Netflixで配信されるコメディドラマ、Turn Up Charlieは5月から放送予定です。

関連: ゴールドマンサックスの次期CEOはナイトクラブDJ?

Popular