Armand Van Helden

Duck Sauceが6年ぶりに新曲“Smiley Face”を公開

A-TrakArmand van HeldenからなるDJユニット、Duck Sauceが6年ぶりに新曲“Smiley Face”を公開。この楽曲はDuck Sauceが2014年にCoachellaのフェスティバルでプレイした以来に公開されました。これを機にDuck Sauceが復活したというサインなのかもしれません。

これまで彼らが公開したBoney Mのヒット“Gotta Go Home”“Rasputin,”をサンプリングした“Barbra Streisand”そして“Big Bad Wolf” とは違い、“Smiley Face”はニューヨークシティのクラブルーツから影響を受けたHouseミュージックとなっています。Gospel HouseのTwo Tons of Funs (Martha Wash & Izora Rhodes)の“Make Someone Feel Happy Today”がサンプリングされています。これまでのDuck Sauceの作品と同等、こちらの楽曲もナイトクラブやフェスティバルでヒットする楽曲になるでしょう。

“Smiley Face”のダウンロードはこちらから。

関連: A-TrakとArmand Van HeldenがHouseミュージックのレジェンド、Pal Joeyにインタビュー

A-TrakとArmand Van HeldenがHouseミュージックのレジェンド、Pal Joeyにインタビュー

Duck SauceのA-TrakとArmand Van Heldenがマイアミで開催されたFool’s Gold NIGHT OFFパーティーにてHouseのレジェンドであるPal Joeyにインタビューを行いました。

ニューヨーク出身のDJ/プロデューサーはEarth Peopleの“Dance”やSohoの“Hot Music”など数々のアンダーグラウンドなHouseクラッシックを担当しており、80年代にキャリアをスタートさせた事について、 NasやLarge Professorなどの大物ラッパーとの仕事についてなどを語りました。

上記でフルインタビューを見ることができます。

関連: A-TrakがDiorの’2020 Men’s Fashion Show’で披露したセットを公開

Popular