DJルーティンを撮影する時のコツとは?

Posted by on | No comments

現在多くのDJが自身のDJルーティンを撮影しSNSなどに映像をアップする方は増えてきたのではないでしょうか? ナイトクラブやフェスでのパフォーマンス映像からラジオショーでの様子や大会用のルーティンまで様々な場面で撮影できます。撮影した動画をSNSに投稿することで自身のブランディングの向上に繋がると考えられます。

DJルーティンを撮影する時、レコーディングや撮影方法が正しくない場合は映像も良いものができず、マイナスプロモーションになる可能性もあり、時間とお金が無駄になってしまいます。

今回DJcityTVでのClutch DJ TipsシリーズではEyeconがDJルーティンを撮影する際のコツなどについて語っています。

関連: DJは自身のInstagramアカウントをビジネスアカウントに切り替えるべきか?