プレイリスト

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (12/07)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Nas, 21 Savage – One Mic, One Gun
・A$AP Rocky – Shittin’ Me
・Latto, GloRilla, Gangsta Boo – FTCU
・Fireboy DML, Empire, Navy Kenzo – Hold On
・Coi Leray – Players
・Metro Boomin, The Weeknd & 21 Savage – Creepin’

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/23)

JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (December.2022)」

NYCを拠点に第一線で活躍する日本人DJの一人、JAPANESE DEEが現地の状況やクラブでヒットしている楽曲をタイムリーにご紹介。「Reporting From New York」2022年12月にピックアップされた楽曲はこちら。

あっという間に12月ですね。今年の1月からこの5曲紹介を続けてきて、無事に1年間続ける事が出来ました。チェックしてくれてる皆さん、ありがとうございます。楽しく残りの1ヶ月を過ごし、良い新年を迎えられますように。そして来年も宜しくお願いします。
今年の大晦日もSkylarkというタイムズスクエアにある箱で年越しパーティーのDJが決まりました。タイムズスクエア周辺の、特にTVで全米に中継される『ball drop』カウントダウンが見られるホテルやクラブはとても人気があります。Skylarkもボールが落ちていくのが見えるガラス張りの箱なので、毎年チケットは一人$600以上なのにもかかわらずソールドアウトになります。この時期DJ仲間の中で、いつも話題になるのが、新年一発目にかける曲ですが、NYはやっぱりJay-Z & Alicia Keysの“Empire State of Mind”がド定番です。2022年に流行った曲の中ではBad Bunny“Titi Me Pregunto”とかBeyonce“Cuff It”とかも相応しい曲だと思います。ぜひ皆さんの推し曲やおすすめのエディットがあれば教えてください。

Quavo & Takeoff  – Hotel Lobby
今月の5曲の先ず始めは、先月11月1日に銃弾に倒れ亡くなったMigosのメンバーTakeoffへの追悼の意味を込めてこの1曲から。今のHip Hopシーンを作り上げたグループと言っても過言じゃない、今の世代にとっては本当にデカすぎるスーパースターの突然過ぎる訃報。Migosナイトを開催できるくらいのヒット曲を世に送り続けたグループMigosの中でも一番のフローと言われていたTakeoff、俺も“Stir Fry”の彼のヴァースとかめっちゃ好きだし、“Narcos”も彼のヴァースまでかける。不仲が噂されていたOffsetが一番辛いんじゃないかと思うし、実際彼の追悼メッセージが一番読んでいて心に響いた。アメリカの銃被害は絶えることがなく一向に悪化している印象を受ける。Takeoffの出身地ジョージア州も事件のあったテキサス州も、銃の所持と携帯が合法の州で、当然銃犯罪が多い州。銃へのアクセスが限られていれば、この尊い命も奪われることはなかったのではないかと悲しく思う。“Hotel Lobby”はQuavo & Takeoffが今年10月にリリースしたばかりのアルバムOnly Built for Infinity Linksから先行リリースされていたシングル。彼の死後YoutubeのTop10にも返り咲いている。これからも彼が残してくれた数々のヒット曲を大切にかけていきます。Rest In Peace Takeoff.

Drake & 21 Savage – Circo Loco
先日リリースされたDrakeと21 SavageのコラボアルバムHer Loss収録の1曲。ラジオでクラブでSNSで聴かない日はないです。史上最悪のアルバムカバーとしても話題になってますが、モデルの女性Suki BabyことQuiana Yasukaさんは日系で、IGチェックしたけど普段はセクシーな感じでビックリ。この曲のThis b!+ch lie ’bout gettin’ shots, but she still a stallionっていうリリックが、Megan Thee StallionをDissってるって事でも炎上してます。(MeganがTory Lanezに撃たれた事件のこと)
Meganのファンや一部のフェミニストからかなり反発されてます。こういった噂や世論を受けて、DJはクラブでかけるのどうしよう?って悩む事多いですよね。今だったらYeことKanye Westも渦中。この人は定期的にキャンセル時期が来ますね(汗)。他にもR Kelly、Michael Jacksonなど。アーティストのプライベートと作品は別と割り切るか、それとも曲を聞いて不快になる人が多いようだったら遠慮するべきか、DJに委ねられるところです。R KellyはかけてるDJ時々いるけど、ドキュメンタリー観た後はリリックと問題が重なり過ぎてて、俺はまだ個人的に無理です。

Lil Uzi Vert – Just Wanna Rock
今一番クラブで盛り上がる1曲です。NJ Clubでとにかく高速BPMでハイエナジーのままぶっちぎる2分。NYCで撮影されたミュージックビデオのUziダンスもネタ(ギャグ?)になっています。このビデオのディレクターは今音楽界を超えて大活躍中のGibson Hazard。Kobe Bryantの追悼ビデオやDiddyの50歳のバースデーパーティーのビデオを手がけています。シネマのような壮大な世界観と高揚感あふれるリズムとエナジーが伝わる彼のビデオグラフィは音楽界やハリウッド、一流企業から引く手あまたです。

Oxlade – Ku Lo Sa
少し前からラジオでもよく耳にするナイジェリア出身のOxladeのAfrobeatsのヒット曲。俺はAfrobeatsが大好きで現場でもよくかけてますが、Tiktokでの流行りも重なってフロアでの反応が最近良くなって来ました。ラジオでもプッシュされています。Ku Lo Sa、クロサって何?って思ったらCloserの事ね。この曲はドイツのColorsっていう新人発掘系のプラットフォームになっているYoutubeチャンネルにフィーチャーされてから一気に流行りました。そのビデオでやったOxladeのダンス(っていうか手振り)がなぜかバカウケし、まんまTiktokで#KuLoSaChallengeとしてバズってます。とにかく声質がスムーズで滑らか。ハマる人多いと思います。

Angel Dior – AIO
スパニッシュの人口が多いNY北部のDyckmanで今1番熱い曲。昔はDyckmanで流行ってもダウンタウンまで流行りがたどり着かない事も多かったのですが、最近のスパニッシュ勢のグローバルな活躍もあり、最新の流行を追うにはDyckmanのドミニカの女の子のケツを追う!っていう、俺にとって天国のようなシーンになりつつあります。ドミニカ共和国のラッパーAngel DiorはこのDembow “AIO”の大ヒットがきっかけで、10月にBad Bunnyのツアーのドミニカ共和国サントドミンゴ公演でゲスト出演するなど世界的に注目を浴びています。最近ドミニカで『一番アツい場所』って言われているのがLa 42というスラム街なんですが、Angel Diorは『El Rey De La 42』(La 42のキング)と言われています。

今年はとにかくラテンが強かった1年。最後までノリ良く元気に突っ走りましょう!

関連: JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (November.2022)」

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/23)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Pharrell Williams, Travis Scott – Down In Atlanta
・Don Toliver – Do It Right
・Nicki Minaj ft. Maluma & Myriam Fares – Tukoh Taka (Official FIFA Fan Festival Anthem)
・Roddy Ricch ft. Lil Durk – Twin
・Saweetie – P.U.S.S.Y. (Powerful, Utopia, Supreme, Sacred, Yummy)

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/16)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/16)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Wizkid – Money & Love
・Wizkid ft. Ayra Starr – 2 Sugar
・Fivio Foreign & Rvssian – 1 On 3
・GloRilla – Unh Unh
・Black Eyed Peas ft. J. Rey Soul – DOUBLE D’Z

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/09)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/09)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Drake & 21 Savage – Rich Flex
・Drake & 21 Savage – Major Distribution
・Drake & 21 Savage – Circo Loco
・DJ Snake – Nightbird
・Jason Derulo & Shouse – Never Let You Go

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/02)

JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (November.2022)」

NYCを拠点に第一線で活躍する日本人DJの一人、JAPANESE DEEが現地の状況やクラブでヒットしている楽曲をタイムリーにご紹介。「Reporting From New York」2022年11月にピックアップされた楽曲はこちら。

10月は3週間日本に帰国していて、東京渋谷Harlem、大阪Ghost、そして地元鹿児島のNice And EasyでDJさせてもらいました。HarlemとGhostはHip Hop中心のパーティーでNice And Easyはラウンジ系のチルな感じで、どのパーティーもNYでやってるまんま自由にやらせてもらったんですが、お客さんの反応が素晴らしくて、本当にDJしてて楽しかったです。NYのクラブはどうしてもボトル客贔屓で、音楽好きの一般のお客さんとのフロアでの一体感を共有する事が難しい事もあるんですが、今回日本でやらせてもらったクラブは、ボトル客やスペシャルゲストに頼り過ぎずに、レギュラーのDJ&MCの方やスタッフの皆さんが毎週良い音楽を最高の流れでコンスタントに提供してて、それが常連客の体に染み付いている感じがしました。最高のパーティーの形だと思います。
コロナも落ち着いて、クラブに本格的に人が戻ってきて、元気なシーンを見れてとても嬉しかったです。今回のブッキングに協力していただいたHazimeさん、Martin君、Lead君、M@ruさん、本当にありがとうございました。そして、『DJ Cityの曲紹介楽しみにしてます!』って声かけてくれた皆さんもありがとうございます。
今回の滞在で一番嬉しかったのはHarlemにNYの戦友K.Da.B君とC2君が来てくれた事。K.Da.B君はNY時代はSelfとかYoung Chowとかと並んで、Hip Hopとかカリビアン系のローカルなパーティーをマイクしながらガッツリ盛り上げてたDJで、帰国してからはヤクルトスワローズのオフィシャルDJとしてアリーナをロックしたり、大活躍中。C2君はRihannaとかJay-Z来るようなパーティーで毎週レジデント任されてて、帰国してからも1OAKとかMadam Wooとか日本の一流のクラブでNYのバイブスを体感できるパーティーを任されてる。本当に二人の事を誇りに思います。
あと、俺が日本で楽しみにしてたのはDJ Danbo君のプレイを見ること。金曜Ghostで共演した後も、京都で土日続けて見に行きました。彼のプレイはゴリゴリのHip Hopはもちろん、ラテンやAfrobeatsもバランス良くかけてて、しかも選曲も客や箱に合わせて変えてて、相変わらず最高でした。
こうして日本で活躍してるアーティストの方々とそのパーティーから、滞在中めちゃくちゃインスパイアされて、良いエナジーをNYに持ち帰ることが出来ました。この DJCityのプラットフォームを通して、少しずつ日本の皆さんに還元して行けるように頑張りますので、これからも宜しくお願いします。

DD Osama & Notti Osama – Dead Opps
NY Drillの次世代希望の星でハーレム出身の兄弟ラッパー。悲しいことに弟のNotti Osamaは若干14歳にして天国に旅立ってしまいました。最近、ちょうど俺はマンハッタンのハーレム地区に引っ越したばかりで、Nottiが亡くなった137丁目駅まで徒歩圏内で、ショックが大きかったです。兄のDD Osamaが引き続きソロのラッパーとして活動を続けているので、応援していきたいと思います。Drakeなどからもその実力は注目され、これからの活躍が期待されます。

Asake – Terminator
ナイジェリアでリリース後すぐに1位を獲得したAsake “Terminator”がNYでも合唱レベルで人気です。Asakeは、アフリカで最も影響力のあるアーティストOlamideによって創設されたレーベルYBNLにサインされ、今年9月にデビューアルバムMr. Money With The Vibeをリリースしていて、今絶好調のアーティストです。

Lil Baby ft. Future – From Now On
4年ぶりの待望のアルバムIt’s Only MeがリリースされたばかりのLil Baby、ハードコアな曲がクラブでも大人気ですが、彼はコミュニティーへのギブバックする活動が評価され、今年Humanitarian Award(人道的な活動を讃える賞)を受賞しています。とてもプライベートなラッパーでインタビュー嫌いとしても有名ですが、今年は彼のドキュメンタリー“Untrapped-The Story Of Lil Baby”が夏にリリースされました。間違いなく今のHip Hop界を代表するスーパースターです。
ずっと前にShade45にもインタビューに来てくれた時は、ポケット一杯にキャンディーを詰め込んでてWhookidにつっこまれてました。今回紹介するこの曲のミュージックビデオは、4月にLil Durk “AHHH HA”を紹介した時に触れたLESにあるセレクトショップ375 Showroomで撮影されています。このお店はYams Dayの商品を担当しているので、来年1月のYams Dayも楽しみです。また、同じオーナーが来年2月にLESにハイエンドアパレルショップESSX(エセックス)をオープン予定でこちらも注目です。

Armani White – Billie Eilish.
TikTokでバズってからしばらく経つこの曲ですが、今ラジオやクラブでプッシュされきちんと曲として流行ってきています。先日Warner MusicのA&Rやってる友達と話したんですが、今レーベルに求められるのは、まさにこのTikTokやSNSでバズった後のフォローアップである、と。例えばTikTokで何百万人って人がXXチャレンジとかのトレンドで曲が使われても、曲が一人歩きしてるだけで、誰もアーティストの名前や活動を知らないまま流行りが終わってしまう事も多い。そこで重要なのがレーベルやラジオの丁寧なインタビューや曲のプロモーション。この曲のラッパーArmani WhiteもDef Jamにサインされて、いろんなプラットフォームで生い立ちや経歴を紹介され、中身のある良いラッパーとして認知されつつあります。かつてはローカルでハイプのあるアーティストを見つけるのがA&Rの仕事だったけど、今は星の数ほどいるSNSで人気でファンベースの確立しているアーティストの中から、ツアーやプロモーションに予算をかけて、レーベルと共にネクストレベルに持っていく価値のあるアーティストを探し出すのがA&Rの手腕の見せ所になっているようです。

Rihanna – Lift Me Up
2016年にリリースされたAnti以来6年ぶりの待望のリリースとなるRihannaの新曲はBlack Panther: Wakanda Foreverのサウンドトラックに収録予定のこの曲。Black Pantherの主役で大腸癌により惜しくも命を落としたChadwick Bozemanへの追悼曲です。バラードで、クラブバンガーにはならないかもしれないですが、今年一番の重要曲になると思います。Rihannaは今シーズンのSuper Bowlのハーフタイムショーが決まっていて、どんなテーマでやるのかすごく楽しみだったんですが、この曲がメインに、Black Power全開で行くのかも。先日Elon MuskがついにTwitterを買収したというニュースが入りました。以前から言論の自由を掲げ、Twitterから制限をかけられていたアカウントを解放すると宣言していた事を受け、Twitterは差別的、攻撃的な内容のTweetsで一時的に溢れているようです。今までも1歩進んで2歩下がる、って印象のアメリカの人種問題ですが、自分はやっぱりエンターテイメントってものすごいパワーを秘めていると思うんです。Rihannaのハーフタイムショー、そしてBlack Panther: Wakanda Foreverと、音楽や映画の力を借りてアメリカが抱えるこの問題がまた1歩、着実に前に進めることを願います。

関連: JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (October.2022)」

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/02)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Ice Spice – Bikini Bottom
・Ice Spice – Munch (Feelin’ U)
・Kodak Black – 300 Blackout
・Don Omar, Akon – Good Girl
・The Black Eyed Peas ft. Anitta & El Alfa – SIMPLY THE BEST


関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (10/26)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (10/26)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Lil Uzi Vert – Just Wanna Rock
・Roddy Ricch – Aston Martin Truck
・Kim Petras, Sam Smith – Unholy – ACRAZE Remix
・Elton John, Britney Spears – Hold Me Closer – Purple Disco Machine Remix
・French Montana, NAV – Fenty

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (10/19)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (10/19)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Lil Baby – Not Finished
・Lil Yachty – Poland
・STANY, Offset, REMA – Only You
・2 Chainz – 2 Step
・Farruko – Viaje

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (10/12)

Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (10/12)

このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。

主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。

プレイリスト:

・Quavo, Takeoff & YoungBoy Never Broke Again – To The Bone
・Quavo, Takeoff & Mustard – See Bout It
・Tyga – Booty Dancer
・Tion Wayne, Aitch – Let’s Go
・Elton John, Britney Spears – Hold Me Closer (Joel Corry Remix)
・Acraze ft. Goodboys – Believe

関連: Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (10/5)

Popular

  • Beatport主催の「IMS Connect in Tokyo」が開催

    Beatport主催の「IMS Connect in Tokyo」が開催。 音楽業界のつながりを深めるためのインスピレーション、学び、DJセットが詰まった無料のコミュニティイベントです。当日のプログラムは以下の通りです: ・DJ NOBUとのQ&A(世界を舞台に活躍する彼の経験を語る) ・RISA T...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • 最新&注目の楽曲(5月17日)

    Saweetie. 2024年5月17日の週にDJcityに追加された注目の楽曲 是非ダウンロードを! (*マークはDJcityエクスクルーシブ楽曲です。) 1. Saweetie - NANi 2. Billie Eilish - LUNCH 3. Álvaro Díaz & Feid - GATI...

  • 現在の国内ナイトクラブでセットアップされているDJ機材とは?【沖縄編】

    本記事では2022年現在、国内のナイトクラブでどのようなDJ機材をインストールされているかを調査しました。各ナイトクラブのレジデントDJが、現場での使用機材や今後導入希望の機材について答えてくれています。本企画5軒目のナイトクラブは沖縄最大級のキャパシティを誇る人気クラブepica OKINAWAのDJ機材を...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • 「BAD HOP HOUSE 2」がDJcityに公開

    神奈川県川崎市を拠点とする、8MCによるヒップホップ・クルー。双子であるT-PablowとYZERR を中心に、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、G-K.I.D、Vingo、Barkのメンバーで構成される日本で最も勢いのあるクルーBAD HOP。そんな彼らがDJcityに先日リリー...

  • Beatsource LINKがdjayとdjay Proアプリに対応

    Source: Beatsource DJcityとBeatportによる合同ベンチャーのBeatsourceがDJ向けのストリーミングサービス、Beatsource LINKにAlgoriddimのアプリであるdjay、そしてdjay Proが対応すると発表しました。 Beatsourceはオープンフォーマ...

  • 国内のDJシーンにおける、ライブストリーミングについて

    コロナウイルスによるパンデミックの影響で、ナイトクラブやフェスでのイベントが開催されにくい中、多くのプロDJ達はTwitch, Instagram LIVE, LINE Live, 17Liveなど様々な配信プラットフォームを使いライブストリーミングを行うという流れが目立ちます。 国内でも多くのDJがライブス...

  • 全国のDJスクール

    ただいま、日本国内において様々なDJスクールが多数ございます。これからDJを始めたい方もこれからスキルアップをさらに目指したい方も含め、どんなスクールがあるのか興味のある方も多いのではないでしょうか?今回は、独自に調べた内容を踏まえ日本国内におけるDJスクールをご紹介します。 ■東京 OTAIRECORD M...