【DJ MARTIN】渡米中に最もPLAYした曲


2007年から約7年間ニューヨークに渡米。その後シンガポールでも2年間活動し帰国。現在ではアメリカのエージェンシー「SKAM ARTIST」と契約するに至るまで、Up & downAvenueMarquee1OakPHD ROOFTOP、今や伝説となったPacha NYCなどマンハッタンにある数々の一流ナイトクラブでレジデントを務め、音楽に対してシビアなニューヨーカーから絶大な支持を集めるDJ MARTIN。そんな彼がニューヨーク在住中に最もPLAYした楽曲三選

Jay-Z – Public Service Announcement
MARTIN : 僕たち世代の王道Jay-Zはあまりにもヒット曲が多すぎて正直迷ったんですが、一番最初に出てきたのがこの曲です。自分自身もほぼ毎晩かけたし、現地のDJがこの曲をかけた時もフロアはいつでも沸いてました。新曲に限らずHIPHOPクラシックとして古い楽曲でも盛り上がり続けるNYでのJAY-Z人気はやっぱりすごいなと思わせてくれる1曲です。

Frankie Beverly & Maze – Before I Let Go
MARTIN : アメリカに住んでから発見した事がたくさんあるのですが、例えばこの曲でこんなにみんな踊るのかとか、この曲でこんなにみんな歌うのかとか。僕が選んだこの曲は、かけるとみんな大声で楽しそうに合唱する(サビだけとか、このパートのこの部分だけとかじゃなくてどこでフェーダーを切ってもみんな歌ってるイメージです)。アメリカではオープンからラストまで一晩1人でプレイする事も多かったので、この曲はパーティーの最後や、終盤に差し掛かる頃にプレイした一曲です。

French Montana ft Rick Ross, Drake & Lil Wayne – Pop That
MARTIN : この曲は上の2曲とは違って僕が実際に住んでいた時にリリースされ(当時の新曲)、今でもフロアをとても盛り上げる曲。国内外のクラブで何度もかけてきたし、クラブやラジオでも聞かない日はなかった。ダンサーではなくてもフロアにいた一般女性客のほとんどがtwerkingしていたアメリカらしい姿を今でも印象強く覚えています。この曲をリリース後French Montanaがライブをしたパーティーで自分もDJとして参加したのですが、あの日の盛り上がりと感動は今でも忘れません。

関連: 【DJ YAZZ】渡米中に最もPLAYした曲

Popular