Figure

ビデオ: Bass MusicのアーティストであるFigureが、DJをする事が曲のプロデュースの助けになる事を語る

インディアナ出身のBassミュージックのDJ/プロデューサーであるFigureは現在世界中で活躍しているアーティストです。彼は元々Hip-Hop DJとしてキャリアをスタートさせましたが、徐々にDubstepのアーティストとしてシフトチェンジしました。

FigureのプロダクションレベルはSkrillexのレーベル、OWLSAまで届き、そこからEPのHorns of the Apocalypseを2013年にリリースしています。また彼は自分の作品や、若手のプロデューサーの楽曲をリリースできるレーベル、DOOM MUSICを設立しました。

今回、A Moment Withの新しいエピソードでは、FigureがDJをすることが楽曲プロデュースにどう良い影響が出るのかについて、またHip-Hopとホラー映画が彼の音楽にどのような影響を与えたかを語っています。

FigureのFacebookInstagramSoundcloudTwitterをフォロー。

Follow DJs Are Not Jukeboxes on FacebookInstagramTwitterYoutubeをフォロー。

関連:ビデオ: GrandtheftがDJやプロデュースについて語る

Popular