AMO

ラップスタアのAMOがミニアルバム「F4MILY」をDJcityに掲載

AMOの1stミニアルバム「F4MILY」がリリースされたばかりですが、DJcityにも全8曲掲載しております。

AMOはオーディション番組「ラップスタア誕生 2023」でファイナリストとして脚光を浴び、一気に知名度を上げました。彼のアルバム「F4MILY」は、文字通り家族をテーマにしたいて、日常のリアルな瞬間をエモーショナルに表現しています。アルバムの1曲目である「Wishing」では、AMOと彼の家族の現在の生活が描かれ、かつて母子家庭だったAMOの背景が交差するリリックが魅力的に織り交ぜられています。

アルバムには、Tokyo Young VisionのHideyoshiや、AMOと同郷で四国出身のWatosonなどが客演として参加しています。また、プロデューサー兼ビートメイカーとしてKoshyNeetzも制作に携わりました。Juice WRLDやYoung Thugなどの海外アーティストの作品も手がけるK2が担当しました。

Wishing – AMO
Don’t Run Away – AMO & Neetz
Write Down – AMO
CROSS – AMO
One Love – AMO feat. Hideyoshi
Legacy 2 – AMO feat. Watoson
Period. – AMO

Popular

  • Tokyo Young Visionのアーティスト達がDJcityに楽曲を公開

    東京を拠点に活動するHip-Hop クルーのTokyo Young Visionが所属アーティスト達の音源をDJcityで公開してくれました。今年の2月に1st アルバムを公開したNormcore Boyz、Normcore BoyzのDJを務め、クラブDJ/プロデュース双方で活躍中のDJ NORIO、そして...

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • 最大の特典!150円でDJcityをご利用出来ます!

    今年最大のチャンスをお見逃しなく! DJcityメンバーシップが90%オフで、最初の月は¥150でご利用できます(通常価格¥1,500)。チェックアウト時にプロモコードDJCITY2024を使用してください。 最新のリミックスやDJエディット、イントロバージョン、クリーンエディット、アカペラなどをダウンロード...

  • DJcityで2023年に最もダウンロードされた50曲

    Ice Spice and Nicki Minaj. 以下はDJcityが発表した、年間で最もダウンロードされた楽曲のトップ50のチャートです。このリストはユーザーのダウンロード数に基づいております(DJcityがキュレーションした楽曲ではありません)。 2023年においてDJcityで最もダウンロードされた...

  • 最新&注目の楽曲(6月14日)

    Quavo. 2024年6月14日の週にDJcityに追加された注目の楽曲 是非ダウンロードを! (*マークはDJcityエクスクルーシブ楽曲です。) 1. Quavo - Mink 2. Andruss & Sam Collins - PAPI 3. Don Toliver ft. Kodak Bl...

  • ビデオ: 楽曲における、Cleanバージョン vs. Dirtyバージョン

    DJが楽曲をレコードプールでダウンロードする際、放送禁止用語をカットしたラジオ向けのCleanバージョンとオリジナルであるDirtyバージョンの選択肢があります。今週のShare The KnowledgeではDJ TLMが2つのバージョンをどう使い分けるのか、そして両方ダウンロードするべき理由を語ってくれて...

  • デスクトップアプリを使って曲を一括ダウンロードする方法

    DJcityのサイトが大幅にアップデートし、先週はダウンロードの履歴を見る方法についてのチュートリアルを公開しました。今回はデスクトップアプリを使ってまとめて楽曲をダウンロードする方法を解説します。 まずは、お気に入りのトラックを「クレートに追加」します。クレートボタンを押すと「楽曲を追加し、デスクトップアプ...

  • これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? – Pioneer DJ 編-

    古くはターンテーブル2台とミキサー、そしてバイナルレコードと高額な機材を揃えないとスタートできなかったDJ。近年ではPCDJやUSBなどデータでDJをする事が主流となり、様々なDJ機材メーカーがテクノロジーを駆使し、安価ながらも有能な機材を数多くリリースし、初期投資を最低限に抑えDJをスタート出来るようになり...