Chance The Rapperのマネージャーはどのようにして音楽ビジネスを再考したのか

Posted by on | No comments

シカゴ出身で現在人気ラッパーの1人として活躍中のChance The Rapper (Chancellor Jonathan Bennett)はレーベルやその他事務所との契約無しで世界中に名を広めたラッパーとなりました。彼がリリースしたアルバム”Colering Book”はストリーミングのみで配信したアルバムで初のグラミー賞受賞、またBillboardのチャートにランクインした作品となりました。

本人の才能や努力も大きく評価されていますが、マネージャーの力もあるからこそこのような結果をだせたのではないでしょうか。Complexのインタビューにでは彼のマネージャーを務めるPat “The Manager” CororanがどのようにしてChance The Rapperの仕事を得て、彼を成功させたのかを語り、また彼は自分の人生や音楽業界について説明しています。

両親の影響を経て:

「当時、多くの子どもたちMichael JordanやKanye Westのようなアイドルを見て育ってきたと思う。僕にとっては両親がアイドルだったんだ。父が本当にいつも凄かったんだ。父からの最初の教えが世評についてだったんだ。父にはいつも自分の評価が全てだと言われていたんだ。その評価が結局周りからどう思われるか、そしてプラスになる部分が決まるからね。」

Chance The Rapperのマネージメント:

「自分はレーベルとのミーティングにおいて出てきた案件に対してイエスかノーと言っていたわけではないんだ。自分はどちらかというとChanceの側にいてあげて、そしてフィルターのような役割を果たしていたんだ。Chanceにはいつも”俺がついているから大丈夫、ただお前が自分や家族の為に正しい判断をするんだ。”というのをいつも伝えていたよ。」


レーベル等や事務所との契約をしないことについて:

「これに関しては彼との直接した会話や彼から聞いた話で”この案件は受けない”などの話をした覚えが無いね。暗黙の了解というか、自分たちには合わないなどがフィーリングでお互い分かっていたんだ。メジャーなレーベルの助けは必要なかったよ。」


ストリーミングサービスをApple Musicのみで行った理由:

「Tidal、SoundCloud、Spotify、Apple Music、からAudiomackのような小さなところまで全てのところと話をしたよ。まるで学生のアスリートがスポーツ推薦で招待された学校から、最も成功できる場所であり、またプロとして活躍できるようなサポートをしてくれる場所を選ぶような感覚だったよ。最終的にChanceが一番信頼している会社を選んだ感じだね・・・お金ではなく、そこで働いている人が大事だと思ったんだ。」


彼からのアドバイス:

「音楽業界のことなんてこれっぽっちも知らなかったけど、様々な事ができたし、短い間で多くの経験ができた。短時間で状況がすぐに変わったのですごく驚いたよ。人生何が起こるかわからないよ。」

関連: A-TrakがChance The Rapperグラミー受賞を祝しルーティンを披露