チャート

DJcity Exclusive: K7の“Come Baby Come”をOJKB、Da Phonkがリミックス


(Source: Da Phonk)

DJ/プロデューサーのDa PhonkがプロダクションユニットであるOJKBと組み、 K7のクラシックとも言える“Come Baby Come”をMoombahton調にリミックスしました。

「“Come Baby Come” をMoombahtonのブートレグに仕上げるアイデアは昔から考えていたんだ。自分たちは世界中の前線で活躍するDJ達がプレイしやすいような作品を制作したよ。」とDa Phonkがコメントしています。

昨年末、OJKBはKevin Lyttleの“Turn Me On”をリミックスし、DJcity Top 50にランクインしました。Da Phonkのクラブ向けな作品も6月8月9月のDJcity Top 50にランクインしています。

下記で“Come Baby Come”のリミックスバージョンを視聴できます。ダウンロードはこちらから。

OJKBのFacebook, Instagram, Twitter, and SoundCloudをフォロー。

Da PhonkのFacebook, Instagram, and SoundCloudをフォロー。

関連: DJcity Exclusive: Ja Ruleの”Always On Time”をRichasticがリミックス

DJcity Top 50 – September 2019

下のリストは2019年9月にDJcityにてダウンロード回数を元に集計したチャートです

Red Bull 3Style 台湾のファイナリスト

今回で10回目となるRed Bull 3Style。シンガポール大会に出場するファイナリスト達が発表されました。出場するのはJova, DJ DINDIN, DJ QuestionMark, DinPei, Afuro George, DJ T-Timeの6人です。

台湾のファイナルは11月29日に行われます。会場は近日公開予定です。

関連: Red Bull 3Style シンガポールのファイナリスト

DJ Fuzeによる今月の”20-Year-View” (September)

ロサンゼルスのラジオ局、REAL 92.3でミキサーを務めるDJ Fuzeが新たに”20-Year-View”のルーティンを公開しました。1999年9月、2019年9月に流行した楽曲を交互に織り交ぜた内容となっています。

トラックリスト:

702 – Where My Girls At?
Ariana Grande & Social House – Boyfriend
Warren G – I Want It All
Backstreet Boys – I Want It That Way
Mariah Carey ft. Jay-Z – Heartbreaker
Drake ft. Rick Ross – Money In The Grave
Mobb Deep ft. Lil’ Kim – Quiet Storm
Snoop Dogg & Xzibit – Bitch Please

DJ FuzeのFacebookInstagram, and Twitterをフォロー。

関連: DJ Fuzeによる今月の”20-Year-View” (August)

DiploとMKのB2BセットをAll My Friends Festivalで公開予定

Diplo
Diplo at Echostage in Washington, DC on Sept. 14, 2019 (Source: Facebook)

DiploDestructoの開催する第2回目となるフェスティバル、All My Friendsのラインアップに選ばれました。イベントは10月19と20日にロサンゼルスで行われます。またHouseのレジェンドであるMKとB2Bセットを披露するというレアなパフォーマンスを行う予定です。

DiploやMKだけではなく、マルチタレントなアーティストであるIdris Elbaがヘッドライナーとして発表されており、他にもフランスを拠点に活躍しているデュオのJusticeや南アフリカでHouseのスターとして知られているBlack Coffeeも出演します。

All My Friends

関連: Bad BunnyがDiploを迎えた”200 MPH”

3Style王者FummyとDMC王者YUTOがチーム “Gold Play”を結成しルーティン動画を公開


RedBull 3Style とDMCの日本王者Fummyと、DMC、Goldie Awardsの世界王者であるYUTOがチーム ” Gold Play “を結成し第1弾となるルーティン動画を公開しました。

<ルーティン解説>

イントロから中盤まではチーム名である「Gold Play」のフレーズを洗脳するかのごとくスクラッチで何度も聞かせます。あまり複雑な技はせず、シンプルだけど切れ味の良い技の連続でフレーズを綺麗にハメています。動画00:42秒からはYUTOの武器であるフィンガードラムが炸裂!Native InstrumentsMachine MK3のパッドを正確に叩いています。そして、YUTOが作り出すビートの上に畳み掛けるようにFummyがserato DJKey Shifting機能を使いながらスクラッチをのせていきます。最後は2人でパッドを叩き音数を増やしながら息を合わせてキメ!

使用しているメインのトラックはSinjin Hawke “Onset”。そして、TraktorユーザーであるYUTOがPioneerDJ M-S9を使っている!Traktorと言えばDJミキサーはZ2が定番でしたが、最近S9でも使える事が判明しました。朗報ですね!

そんな2人ですが、このGold PlayというDJユニットで今後もDJギグや動画リリースなど色々と活動していくとの事です。既に第2弾の映像も撮り終えているようなので今後も目が離せません。

Gold Playの Instagram をフォロー。

関連: ビデオ: Red Bull Music 3Style、日本のファイナリスト

Bedroom Sessions: DJ General Mealz

アトランタで活躍しているDJ/プロデューサー DJ General Mealz が新旧の曲を織り交ぜたクリエイティブなセットをDJcityTVのBedroom Sessionsにて公開しました。

のっけから笑顔のピースサインが可愛い30歳の彼。アメリカ国内は勿論、国際的に活躍しているようでRick RossDMXYFN Lucciとも共演した経験があるそうです。AMP’D ENTERTAINMENT 所属。

<ルーティン解説>

先ずは自己紹介がてら自身のDJネーム「DJ General Mealz」を”Nothin’ – KidCutUp Core Bootleg”のビートに合わせて軽くスクラッチ。そしてビート側をインスタントダブルスでスクラッチした側のデッキに素早くロードし2枚使い。個人的にはここでの短め&シンプルな2枚使いに好感が持てます。ルーティンはまだ始まったばかりなので、いきなり複雑なトリックをやるよりも簡単な分かりやすいトリックをサラッとメイクした方が後半への期待値も上がるし、見てる側も安心してそのプレイに見入る事が出来ます。2枚使いをした後は同じビートにSir Dukeのアカペラを乗せ、途中でビートを”Hyphy”に差し替えます。Sir Dukeのフレーズ「Hands」を4小節擦り終えたところで”Hyphy”のコーラスが入ってきます。

この場面で彼のPC画面(動画01:00秒あたり)に注目してほしいですが、画面上部の曲タイトルの右側に「Flip 1」という青文字が見えるでしょうか? そうです、その名の通りSerato DJのオプション機能である「Flip」です。この機能を簡単に説明すると”同じ曲中で予め指定しておいた箇所に勝手にジャンプしてくれる” というモノ。とても便利な機能なのでオススメです!そのFlip機能を使い”Hyphy”の終盤アカペラだけになっている部分に飛ばして、Sir Dukeの時と同様アカペラ残し → 次の曲を挿入 → スクラッチ〜 の流れでSweetest Taboo 〜 Question #1 〜 Paramedicとクイックミックスしていきます。故Nipsey Hussle “Question #1” からのParamedic 〜 Riseの流れはカリフォルニア繋がりで(RiseのアーティストHerb Alpertさんはカリフォルニア出身)、しかもRiseは次にかけるNotorious BIG, “Hypnotize”のサンプリングソース。個人的にここの流れは激アツ!

Hypnotizeのアカペラを残し”Policeman”を挿入。Flip機能でいっきにサビの手前までジャンプします。そしてサビの部分で”No Games”の同じ部分をQUEポイントでリズム良く連打。同じ音程なので違和感無しです。そのままタイミングよくリリースしてビートに乗せます。そして得意のアカペラ残し、からの最後の曲”Act Up”を頭から挿入。「Stripes on my…」のフレーズで簡単な2枚使いをしてからのスクラッチに突入。擦りネタは超定番の「Ahhh」。最後はミキサー Rane DJ seventy-two 内蔵エフェクターのEchoをかけてフィニッシュ!

トラックリスト:

1. General Mealz Intro
2. N.O.R.E. – Nothin’ – KidCutUp Core Bootleg – General Mealz Flip
3. Stevie Wonder – Sir Duke – Acapella – General Mealz Edit
4. The Federation ft. E-40 – Hyphy – KidCutUp Edit – General Mealz Flip
5. Sade – Sweetest Taboo – General Mealz Bedroom Edit
6. Nipsey Hussle – Question #1 – Acapella
7. SOB X RBE ft. Kendrick Lamar – Paramedic – General Mealz Edit
8. Herb Alpert – Rise
9. Notorious B.I.G. – Hypnotize – Acapella
10. Eva Simmons ft. Konshens – Policeman – General Mealz Flip
11. Serani – No Games – General Mealz Bedroom Edit
12. City Girls – Act Up – General Mealz Flip

新旧の選曲とグルーヴ感(彼の表情も込み)が良かったですね。これにスクラッチや2枚使い等のターンテーブルスキルがもっと付いてくれば更に良いルーティンが組めそう。それにしてもDJcity Bedroom Sessionsに出てくる人はこれ用にエディットを作ってる人が多い印象。プレイ中のPC画面も映るわけだからエディット音源無しでイケてるルーティンを披露したら男気があってカッコいいかも!?

DJ のGeneral MealzのFacebookInstagramSoundcloudTwitterYouTubeをフォロー。

“Bedroom Sessions”でルーティンを公開しませんか?”brs@djcity.com“に動画をお送りください。

関連: Bedroom Sessions: DJ Blaze

DJcity UK Top 20 – August 2019

2019年8月に最もダウンロードされたDJcity UKのチャート。Deep、FutureそしてUK House等の楽曲が収録されていてDJcity Japanのランキングには入っていないものもたくさんあります。

MikiDz Podcast :リスナーとのQ&Aコーナー

今週のMikiDz PodcastではMikiWARDJ Dainjazone、そしてDJ RellがリスナーとのQ&Aコーナーを行い様々な質問に答えました。質問の中には、DJコミュニティで否定的な意見などに対してどう対処するのか、DJ中にお客さんが盛り上がっていると確信する時はどのような場面か、などがありました。またプレイ中どのタイミングで技を組み込むべきか、メンバーそれぞれが思う好きなDJトップ5は誰か?などのトピックについて語りました。

MikiDz PodcastはApple PodcastMixcloudSpotifyから視聴が可能です。

関連: ダンスフロア、VIPテーブルどちらを意識してDJをしていますか?

DJcity Top 50 – August 2019

下のリストは2019年8月にDJcityにてダウンロード回数を元に集計したチャートです

Popular