AKAI Professionalから新しい2つのMPCが公開

akai_mpc_600

パディングハードウエアで有名なAKAI Professionalから2種類のスタンドアローンシステムを搭載したMPCが先日のNAMMショーで公開されました。アカペラに対してそれぞれの異なったBPMをプレイする際にアカペラのピッチを自動的に合わせるリアルタイムシンクを搭載したMPCX。そして持ち運びに便利なポータブルバージョンのMPC LIVE。

MPCX_angle2_media

MPCXは価格258,000円税込で今春リリース予定とのことです。詳細はAKAI Professional公式サイトにて。

主な特長:
-PCを使わずにハード本体のみで動作するスタンドアローンMPC
-10.1インチ高解像度マルチタッチディスプレイ
-MPC 2.0ソフトウエア・コントローラーとしても機能
-PHONO、ライン、マイクなど多彩な入力系統
-ビンテージシンセをコントロール可能なCV/ゲート出力
-多彩な表現を可能にする16 Q-Linkノブ
-2つのMIDI入力端子と4つのMIDI出力端子

MPCLive_angle_media

MPC LIVEは価格128,000円税込で今春リリース予定とのことです。詳細はAKAI Professional公式サイトにて。

主な特長:
-PCを使わずにハード本体のみで動作するスタンドアローンMPC
-7インチ高解像度マルチタッチディスプレイ
-充電式リチウムイオン電池内蔵
-PHONO、ライン、マイクなど多彩な入力系統

プロモーションビデオをお楽しみください。

関連: Pioneer DJがTORAIZ AS-1シンセを公開

Popular