808 MeloがPop Smoke「Dior」の制作過程を語る

プロデューサー808 MeloGeniusの企画にてPop Smokeの「Dior」制作のビハインドザシーンを公開しました。

ジワジワと浸透してきている「Brooklyn Drill」スタイルのシングルはピーク時にはBillboardのTop 40にて22位にランクインしてソロ作品としてBillboardのHot 100にチャートインしました。

20歳のイーストロンドンを拠点に活動するプロデューサーの808 MeloはUK Grime、シカゴのDrill、そしてNew YorkのTrapをミックスした独創的な新たなサブジャンルを作り上げました。ブレイクしたきっかけは「Dior」で、アーティストがラップやアドリブ部分を自由にできるように楽曲制作を進めたよ。印象深い事に彼は『「less is more (少ない方が豊かである)」の精神だよ。Pop Smokeの特徴的な声と、彼がラップしているビートは彼の人生観を表すかのようにフィットしている。』と語る。

関連: Hit-BoyがKendrick Lamarの“Backseat Freestyle”の制作過程を語る

Popular