異なるDVSメーカー間でのキューポイント、グリッド、プレイリストを移行

DJ B=BALLDJ KOYAのインタビューでも、語られていたように、DJによってDVSの選択は異なっています。rekordbox、Serato DJ、そしてTraktorのいずれかを使っている、2つ又は全てを使っているDJも。現場状況によって切り替えているDJも増えているのではないでしょうか。ところがこの3メーカー間の中でキューポイント、グリッド、そしてプレイリストについては互換性がなく、一度あるメーカーのDVSで付けたキューポイントを別のソフトウエアで利用する場合は再度設定しなければなりません。もう一度全て設定するのは非常に手間と時間がかかってしまいます。現状DJcityレコードプール上の楽曲のキューポイントとグリッドはSerato DJを使用しての解析で設定しています。

ところがRekord Buddy 2を使用することによってrekordbox、Serato DJ、Traktor間のプレイリスト、キューポイント、そしてグリッドを同期することができます。(現状MAC OSのみ対応)

DJ HACKSにて詳しい使用方法やインストールほのやり方が記載されていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

関連: DJ KOYAがSeratoについて語る

Popular