DJcityニュース

世界のローカル DJ・クラブ情報(Italy🇮🇹, Florida🇺🇸, Singapore🇸🇬)

カウントダウンのパーティーは全国的に盛り上がりを見せた日本でも少しずつ変異種の広がりつつあります。ただ変異種の影響により海外からの来航者は入国できない状況でもあります。アメリカやヨーロッパでは最大感染者数が更新される中で今回の変異種の特性により規制が緩いままの場所もあるとのこと。そのような中で今回はDamianito(イタリア🇮🇹の)、DJ KA5(アメリカ🇺🇸のフロリダ)、そしてAnrev(🇸🇬)にそれぞれの状況を共有してもらいました。

Damianito(Italy🇮🇹)
◆クラブやバーの状況はどうですか?

イタリアは政府がクラブやバーを再び閉鎖し、DJも働けなくなりとても悲しい時期を過ごしています。 クリスマスホリデー以降、全てのクラブが閉鎖され、来月の再開を待っているところです。 

◆クラブ/バー/ラジオ以外で新しいDJとしての活動はどんなことをしていますか?

長いロックダウン期間を経て、ここイタリアではDJの在り方が大きく変わりました。 DJはほとんどどこでもプレイするようになりました。例えば、ピアノバーのような雰囲気のレストランやお店、プライベートなイベントやパーティーでもプレイするようになりました。もちろん、ストリーミングでDJをする人も増えており、DJセットを披露する主な活動の場をTwitchで行う人が多く、自分も多くの人をフォローしています。個人的にはロックダウン中ビデオコンテンツをたくさん作り、ストリーミングDJセットをより多く(週に2~3回)行う事に集中していました。

◆コロナが落ち着いたらどこに行きたいですか?(個人的&DJとして)

個人的には、復旧したらRedbull 3styleのクルーと一緒に世界中を旅して、昔のようにみんなをハグして、世界中のDJから刺激を受けたいですね。

DJ KA5(Florida🇺🇸)
◆クラブやバーの状況はどうですか?

マイアミのクラブや会場はフルオープンです。2021年初頭からほとんどの会場がオープンしています。2020年末に会場がオープンし始め、2021年初頭には全てがオープンしました。マイアミのお客さんは変わっていて地元の人はあまり出歩かないのですが、世界中から観光客が常に訪れているんです。音楽はヘビーなラテン系、新しいラップ、そしていつものヒット曲など、最新のものが揃っています。

◆クラブ/バー/ラジオ以外で新しいDJとしての活動はどんなことをしていますか?

今、DJのライブストリーミングがとても流行っていると思います。ただしマイアミや南フロリダでは、まだストリーミングをしているDJはそれほど多くありません。少なくともクラブが閉まっている間にやっていたDJはいます。ただマイアミがオープンしてからは、ほとんどのDJは通常の仕事に戻っています。

◆コロナが落ち着いたらどこに行きたいですか?(個人的&DJとして)

日本、アジア、そしてアメリカ以外の国に行ってみたいです。音楽が世界中の人々にどのような影響を与えるのか見るのが好きなんです。ここ数年、カナダ出身のDJたちと交流があるから、カナダでDJをやってみたい。

DJ Anrev(シンガポール🇸🇬)

◆クラブやバーの状況はどうですか?

シンガポールでCOVIDが普及し始めた2020年3月以降、すべてのナイトクラブやナイトライフの活動は完全に停止しています。今のところ再開の気配はありません。一部のバーは22時30分までの営業が許可されていますが、DJやあらゆるライブミュージック(生バンド・演奏)は禁止されています。ほとんどのナイトクラブはすでに閉鎖され、まだ営業しているクラブはそのスペースをナイトライフとは関係のない他のビジネスに使っている(多くのクラブはレストランやジムに転換している)。
そのため、すべてのDJは一夜にして職を失い、生き残るために他の選択肢(以前の仕事に戻る、配達をする、新しいビジネスを始める)を選ばざるを得ないDJ達がたくさんいます。

◆クラブ/バー/ラジオ以外で新しいDJとしての活動はどんなことをしていますか?

多くのDJが音楽制作を始めていて、オリジナルやリミックス、マッシュアップを制作しています。シンガポールには年齢を問わず、才能のあるプロデューサーがたくさん出てきています。しかし、ライブで観客に音楽を聞かせるという経験は私たちの誰もが懐かしく思うものです。この2年間、ライブをする機会がなかったので、DJコミュニティの多くはライブ・ストリーミングに移行しています。代表的な例をいくつか挙げます。まずは、2020年と2021年にMixcloud Liveで開催された「Legacy Music Festival」というものです。地元のアーティストと世界中の有名DJ/プロデューサーが参加する巨大オンライ・イベントとなっています。

Twitch、Mixcloud、Facebookで、あらゆるジャンルのさまざまなDJによるライブストリーミングイベントが多数開催されています。また多くのDJが主要プラットフォーム特にTikTokでVlogの撮影を試みたりしています。シンガポールで人気のあるプラットフォーム、BIGOを使ってDJプレイをライブ配信しファンからプレゼントが送られるようになったDJもいます。通常、シンガポールのDJはナイトクラブで専属のMC/ハイプマンと仕事をするので私たちはミックスに集中することができるんです。しかし、今は自宅でのライブストリーミングによって多くのDJがマイクを持ち、DJをしながらオーディエンスと交流しハイテンションになる方法を学んでいます(アメリカのようなスタイル)。

◆コロナが落ち着いたらどこに行きたいですか?(個人的&DJとして)

日本、中国!それぞれナイトライフシーンはとても熱いです。ナイトクラブは別次元で、毎晩何十ものミニフェスティバルのようなものです。またタイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアですね…パンデミック前はよく旅行していた場所で、これらの国のDJ友達に会いたいです。そしてUSA!ターンテーブルやヒップホップカルチャーの歴史に触れ、学ぶために全米を回りたいです。ヨーロッパとイギリスもですね、ヨーロッパには行ったことがないけどいつか行ってみたいです。とても美しい場所がたくさんある。南米だとコロンビアですね。あそこのDJカルチャーとヒップホップは素晴らしい。何人かのDJと一緒に仕事をしたことがあるから、実際に会ってみたいですね。

関連: 世界のローカル DJ・クラブ情報(Dallas🇺🇸, Tronto🇨🇦, Bogotá🇨🇴)

【DJ KEKKE】DJとして最もPLAYした曲


2002年頃から札幌を中心にキャリアをスタート。2009年に上京し、現在では年間400本を超えるパーティーに出演する絶対的な現場主義者DJ KEKKE。幾多の世界的なメジャーアーティストの重要なフロントアクトを務め、Hip-Hop DJとしては異例の世界最大級ダンスミュージックフェスULTRA JAPANEDC JAPANに2年連続で出演を果たす。また20万人が視聴するインターネットテレビ局Abema TVの人気プログラムAbema MixのMixerを担当。同郷の人気アーティストSWAYのオフィシャルDJを務めるなど、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドを往来する日本のクラブミュージック発展のキーパーソン的な存在となっている。そんな彼がDJ人生において最もPLAYした楽曲とは

Marques Houston – That Girl
KEKKE : この曲は今でこそ現場の出場回数は減りましたが、札幌でDJしてた時は本当によくプレーしてました!当時のお客さんは多分この曲=DJ KEKKEという認識の人が多いかも!?笑
今でもタイミングや需要があるパーティーがあったら必ずピークタイムにぶち込みたいです!

N.O.R.E.  – Nothin’
KEKKE : 2002年リリースで高校生の時にこの曲が入ったアルバム‎”God’s Favorite”のMD(懐かしいw)をずっと聴いていた思い出があります。昔からかなりの頻度でプレーしてましたが、この曲のDubを手に入れてからはより一層、地方パーティーとかの掴みで使う事も多くなりました!

Pony – Ginuwine
KEKKE : 96年作ながらも世界中で今でもプレーされる超名曲。自分も昔からお世話になってるし、使い勝手も最高。メインタイムで頭からぶち込むのも良し、パーティー終盤でちょっとエロな雰囲気にさせるも良し。多分この曲の使い方でそのDJのセンスが問われる、そんな曲な気がします!

関連: 【DJ YUTAKA】DJとして最もPLAYした曲

2022年のDJcity Japan Brand Ambassadors

2022年のDJcity Japan Brand Ambassadorsが決定しました。総勢32名のDJは国内外でDJやプロデューサーとして前線で活躍しているプレイヤー達です。アンバサダーの中にはヒット曲をリリースしているプロデューサーや、大きなナイトクラブで活躍しているDJ、海外でも高く評価されているDJと多岐にわたるタレントを持ったDJです。彼らからの楽曲提供や彼らの活動を通してより多くのDJに、DJcityレコードプール認知を目的として2022年のアンバサダーになって頂きました。

DJcity Japan Brand Ambassadorsはコチラから。

A-Trakが「New Year 2022 Mix」をSoundcloudに公開

A-Trak. (Source: Twitter)

言わずと知れたDJ/プロデューサーであり、Fool’s Gold Recordsの創設者でもあるA-Trakが、新年の幕開けにふさわしいミックスをドロップしました。この2時間のミックスでは、2021年の彼のお気に入りトラック72曲が収録されています

A-TrakのNew Year 2022 Mixのストリーミングは以下から。

Tracklist:

1. DJ Manny – Signals In My Head
2. Jerry Folk – Dotted Red
3. Kari Faux – Outta Sight
4. JD Reid – What’s Stopping U?
5. Skee Mask – Harrison Ford
6. Tsuruda – Running Shit
7. Mach-Hommy – No Blood No Sweat
8. lougotcash & Cash Cobain – Poppin
9. Maxo Kream – CEE CEE (feat. Monaleo)
10. Amy Dabbs – Take It
11. Sam Gellaitry – Games (Instrumental)
12. KENTHEMAN – Rose Gold Stripper Pole
13. Grandtheft feat. Gangsta Boo & Duke Deuce – What You Wanna Do
14. Nardo Wick feat. G Herbo, Lil Durk & 21 Savage – Who Want Smoke??
15. Raf Rundell – Down
16. Anomalie & Chromeo – Bend The Rules (Mndsgn Remix Instrumental)
17. Terry Presume – ZaZa and Some Runtz (Smoke Break)
18. Pino Palladino & Blake Mills – Ekuté
19. Confidence Man – Holiday (Instrumental)
20. Boys Noize – XYXY
21. Vegyn, Jeshi – I See You Sometimes
22. Blawan – Close the Cycle
23. Hard Feelings – Dangerous
24. Chet Faker – Whatever Tomorrow (Soulwax Remix)
25. Earl Sweatshirt – 2010
26. Joey Purp & KAMI – PACK
27. Flight Facilities – The Ghost
28. Point Point – Seeyaanotherday
29. G Perico & Haiti Babii – Streets 2 Hot
30. Remble feat. Lil Yachty – Rocc Climbing
31. BabyTron – Day In Ferndale
32. Kanye West – 24
33. Tyler, The Creator feat. DAISY WORLD – RISE!
34. DJ Harrison – Know Names
35. Freddie Gibbs – Big Boss Rabbit
36. Chris Crack – False Evidence Appearing Real
37. Goldie, James Davidson & Subjective – Dassai Menace
38. Overmono – Bby
39. Justin Jay & ClaudeVonStroke – Oh
40. Quantic – Night Jaguars
41. Tchami feat. Todd Edwards – Damaged Hearts (The Brothers Macklovitch Remix)
42. RXKNephew – Beam On Ya Toes
43. Palmistry – fk a deal
44. Bktherula – SANTANNY
45. Zack Fox – fafo
46. Babyface Ray feat. Moneybagg Yo – If You Know You Know
47. Strict Face – Circuit Queen
48. Karma Kid – Say U Luv Me (salute Remix)
49. India Jordan – And Groove (Edit)
50. Playboi Carti – Beno!
51. Pink Siifu feat. Turich Benjy – Bussin’ (Cold)
52. Loco Dice, Ghostface Killah – Cherchez La Ghost (Version)
53. Wajatta – Somethin’ More Than This
54. Matt Tolfrey feat. Tim Fuller – Always
55. Black Loops – Banana 20
56. Genghis Clan – Outta Control
57. Karma Kid & Luke Fono – BOSSA
58. Riton & Jarvis Cocker – Let’s Stick Around
59. Catz ‘n Dogz, Chucky73 – Bzrp 43 (Catz ‘N Dogz Remix)
60. TSHA – Power (Floorplan Extended Remix)
61. Myd – Wether the Weather (Laurent Garnier Remix)
62. Kevin Knapp – Body Kids
63. Joseph Capriati, Eric Kupper, Byron Stingily – Love Changed Me (MAW Rowdy Adlib Dub)
64. A-Trak & Wongo – Groove Society
65. Dead Space & G. Felix – Trying Me
66. Supernova – You Have Housel
67. Duck Sauce – Nonchalant
68. Melé – Love & Happiness (Edit)
69. A-Trak & Ferreck Dawn – My Own Way
70. Dan Kye – Rainbow Road
71. quickly, quickly – Feel
72. Terrace Martin – Don’t Let Go

関連: A-TrakがDiorの’2020 Men’s Fashion Show’で披露したセットを公開

NY在住のJAPANESE DEEが最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York」

NYCを拠点に第一線で活躍する日本人DJの一人、JAPANESE DEEが現地のクラブでヒットしている楽曲をタイムリーにご紹介。「Reporting From New York」2022年1月にピックアップされた楽曲はこちら

Pepas – Farruko
今ニューヨークのクラブを一番揺らす無敵のパーティーチューン!頭からぶっこんでがっつり盛り上げてくれるのもDJにとっては嬉しい。“Tiesto Remix”の方もエナジーがエグいからオススメで、デカ箱では俺もRemixを使ってます。とにかく盛り上がるから、DJは現場で客がグタついたり、バイブスが上がらない時とか、困った時にこの曲かけとけば100%フロアに一体感が生まれ立て直せます!ホリデーシーズンは観光客が多くてフロアをまとめるのに苦労するから、この曲には本当にお世話になってます。

Gyalis – Capella Grey
元々プロデューサー/ソングライターとして活躍していた彼が、アーティストとして世に自分の名前を知れ渡らせた一曲。今ニューヨークのストリートでこの曲を聞かない日はない。JuvenileのBack That Ass Upをサンプルしているから、フロアでの破壊力がすごいです。この曲をかけるとHoodのお姉さん達がダンスフロアでお尻フリフリしてくれるから、ケツ好きの俺としては一押しの一曲。これからNYを代表するアーティスト/プロデューサーになることを期待してます。

Peru – Fireboy DML
ナイジェリア出身のAfrobeatsシンガーのnew song。最近ではイギリス出身のヒットメーカー、ポップアーティストのEd SheeranとのRemixも出てこれからもっと一般層にも広まっていきそう。
最近はHarlemの125丁目の南側をSOHA(South Harlem)って呼んで、新しいヒップなエリアとして注目されているけど、このエリアは元々アフリカの移民の人達が沢山住んでいて文化も色濃く残るエリア。この辺でDJしていると最新のAfrobeatsや今から流行ってくるアーティスト情報なんかもお客さんが教えてくれて勉強になります。

Love Nwantiti (ah ah ah) – Cray
2019年にリリースされたAfrobeats/Afropopですが、コロナ時差なのか、少し前からよくラジオ、クラブでよくかかるようになってきてるインターナショナルヒット。個人的にAfrobeats大好きで、特にパンデミックで暗い世情が続く中このハッピーVibesが癒しになってる。映画やドラマのエンターテイメントやビルボードのチャートに上がってくるアーティストも、本当にインターナショナルでボーダーレスになってきましたね。

Cold Heart (PNAU Remix) – Elton John & Dua Lipa
イギリス音楽界の大御所Elton Johnと同じくイギリス出身で最近活躍から目が離せないDua Lipaのコラボレーション。この二人のコラボというだけで既にヤバいです!
Elton Johnのクラシック”Sacrifice”と”Rocket Man”がサンプルされていて、Elton Johnの”Sacrifice”のボーカルをサンプルしDua Lipaが”Rocket Man”の一節を歌っている。オーストラリア出身のPNAUがRemixを手掛けている。Elton Johnの曲はヒップホップではよくサンプルされていて、Yung Thugが2018年リリースの”High”でも”Rocket Man”をサンプルしたのが記憶に新しいです。
この曲はNYの色んな人種が混ざってるTop40向けの現場でよくリクエストされます。俺がレジデンスを務めるダウンタウンにあるクラブのマネージャーがこの曲大好きで、俺がDJする時はほぼ強制的に、一晩2回この曲かけさせられてます。笑 いい曲だから喜んでかけます。

 

JAPANESE DEE
2003年に渡米しNYCでのDJキャリアをスタート。その実力が認められHot97のDJ Camiloのクルーや”Remix King” TedSmoothのクルーに所属。現在はタイムズスクエアのW Hotel、Skylark Rooftop Lounge、Jimmy SoHoなどでレジデントを務めるほか、リスナー数800万人を誇るインターネットラジオSiriusXmの “Whoolywood Shuffle” on Shade45で Co-Hostを務めるなど、NYCの一線で活躍する実力者

関連: DJcity Top 50 Year 2021

2021年に最もダウンロードされたリミックス、ブートレグ、DJエディット

昨日、DJcityの2021年に最もダウンロードされた楽曲を発表しました。本日は更に深掘りした、人気のリミックス、ブートレグ、そしてエディットランキングの発表です。

2021年に最もダウンロードされたリミックス、ブートレグ、エディットは、DJ Serg SniperがエディットしたJustin Bieber ft Daniel Caesar & GIVĒONの「Peaches」でした。チャートインした楽曲が最も多かったリミキサーは、Anthem KingzRichasticTall BoysTrayzeが3曲ずつチャートインし同率首位に。2位は、Kevin DKidCutUpLuis RStavros Martinaがそれぞれ2曲ずつチャートインしています。

Check out the top 30 below.

1. Justin Bieber ft. Daniel Caesar & GIVĒON – Peaches – DJ Serg Sniper Return Of The Mack Edit
2. Erica Banks vs Nelly – Buss It – KidCutUp Hot In Herre Wordplay Transition
3. Stromae ft. Kanye West – Alors On Danse – Tall Boys OUT OUT Edit
4. Cardi B – Up – KidCutUp Hype Edit
5. Bruno Mars, Missy Elliott, DMX vs Kroshwell – 24K Magic, Work It, Party Up vs Headline – Deorro Edit
6. Eve – Who’s That Girl? – Lincoln Baio Rollin’ Edit
7. Daft Punk – Technologic – Luis R Calabria Guaracha Remix
8. DMX – Ruff Ryders’ Anthem – Richastic Remix
9. 50 Cent – In Da Club – Tall Boys Best Friend Edit
10. Haddaway – What Is Love – Anthem Kingz Cold Edit

11. Megan Thee Stallion – Body – Trayze Back That Azz Up Edit
12. Drake ft. Future & Young Thug – Way 2 Sexy – Anthem Kingz Move Edit
13. Notch – Nuttin Nuh Go So – Da Phonk & Luis R Remix
14. Dua Lipa – Love Again – Imanbek Remix
15. Ariana Grande ft. Iggy Azalea – Problem – ZIGGY Remix
16. Acraze ft. Cherish – Do It To It – Zedd Squid Game Edit
17. Pop Smoke ft. Chris Brown – Woo Baby – J Medina Dancehall Intro
18. Rihanna – Don’t Stop The Music – Jean Philippe Hooked Edit
19. Chaka Demus & Pliers – Murder She Wrote – Eddie Boy vs DJ Fasta, Greg Lassierra & DJ Moiz Hype Edit
20. Bingo Players – Rattle – Trayze Halloween Theme Edit

21. Bob Sinclar – World, Hold On – Anthem Kingz Rise Up 2021 Edit
22. Jeremih & 50 Cent – Down On Me – Richastic Remix
23. Clean Bandit ft. Jess Glynne – Rather Be – Kevin D & Stavros Martina Remix
24. Rihanna – Don’t Stop The Music – Spryte Remix
25. Robin Thicke ft. Pharrell – Blurred Lines – Stavros Martina & Kevin D Remix
26. Eminem – Without Me – Rogerson Remix
27. Kanye West – Touch The Sky – Tall Boys vs Hyalyte Edit
28. Arrested Development – People Everyday – Richastic Remix
29. Sean Paul – Temperature – WeDamnz & Rivas Satisfaction Edit
30. Snoop Dogg ft. Pharrell Williams – Drop It Like It’s Hot – Trayze Remix

関連: 2020年に最もダウンロードされたリミックス、ブートレグ、DJエディット

DJcity Top 50 Year 2021

下記のランキングはDJcityが毎年発表している、2021年に最もダウンロードされた楽曲のTop 50になります。この順位はDJcityユーザーのダウンロード数を元に集計したランキングです。(楽曲はDJcityが選んだものではありません)

DJcityレコードプール内で2021年に最多数ダウンロードされた楽曲はCardi Bの「Up」。そして年間Top 50に楽曲が最もチャートインしたアーティストはDrakeで8楽曲がチャートインしました。2位にランクインしたのは5楽曲でSaweetie。次いでChris BrownDoja CatJustin BieberLil BabyMegan Thee Stallionがそれぞれ3楽曲チャートインし同率3位となりました。

2021年ダウンロード数年間チャートTop 50は以下です↓

1. Cardi B – Up
2. Saweetie ft. Doja Cat – Best Friend
3. Justin Bieber ft. Daniel Caesar & GIVĒON – Peaches
4. Drake ft. Future & Young Thug – Way 2 Sexy
5. Fat Joe & DJ Khaled ft. Amorphous; prod. Cool & Dre – Sunshine (The Light)
6. Drake – What’s Next
7. Megan Thee Stallion – Thot Shit
8. City Girls – Twerkulator
9. Pop Smoke ft. Chris Brown – Woo Baby
10. Drake ft. Lil Baby – Girls Want Girls

11. Ed Sheeran – Bad Habits
12. Joel Corry & Jax Jones ft. Charli XCX & Saweetie – OUT OUT
13. Bruno Mars, Anderson .Paak & Silk Sonic – Leave The Door Open
14. Drake ft. Travis Scott – Fair Trade
15. Drake ft. Lil Baby – Wants And Needs
16. Justin Bieber ft. TroyBoi – Red Eye
17. David Guetta ft. Kid Cudi – Memories 2021
18. T-Pain & Kehlani – I Like Dat
19. DJ Snake, Ozuna, Megan Thee Stallion, & LISA – SG
20. The Weeknd – Take My Breath

21. Tyga ft. Moneybagg Yo – Splash
22. Wale ft. J. Cole – Poke It Out
23. Bruno Mars, Anderson Paak & Silk Sonic – Skate
24. Tyga – Mrs. Bubblegum
25. Migos – Straightenin
26. Saweetie – Fast (Motion)
27. Joel Corry, RAYE & David Guetta – BED
28. Drake – No Friends In The Industry
29. Pitbull ft. Anthony Watts & DJWS – I Feel Good
30. MIST ft. Burna Boy – Rollin’

31. Pop Smoke – AP
32. Wale ft. Chris Brown – Angles
33. Yung Bleu, Chris Brown & 2 Chainz – Baddest
34. Lizzo & Cardi B – Rumors
35. Dave & Wizkid – System
36. Masked Wolf ft. G-Eazy & DDG – Astronaut In The Ocean Remix
37. Saweetie ft. Drakeo The Ruler – Risky
38. Major Lazer ft. Aya Nakamura & Swae Lee – C’est Cuit
39. Burna Boy – Kilometre
40. Drake ft. Rick Ross – Lemon Pepper Freestyle

41. Ariana Grande ft. Doja Cat & Megan Thee Stallion – 34+35 Remix
42. Meek Mill ft. Lil Baby & Lil Durk – Sharing Locations
43. Ed Sheeran – Shivers
44. Justin Bieber ft. Ludacris, Usher & Snoop Dogg – Peaches Remix
45. Drake ft. Tems – Fountains
46. Saweetie ft. Doja Cat & Stefflon Don – Best Friend Remix
47. Ty Dolla $ign, Jack Harlow & 24kGoldn – I Won
48. Tiësto & Ty Dolla $ign – The Business, Pt. II
49. Dua Lipa – Love Again
50. Sean Paul ft. Sia – Dynamite

関連: DJcity Top 50 Year 2020

MC TYSON のニューアルバムTHE MESSAGE 4から「MUSIC HUSTLER」をDJcityに公開

昨年リリースされたアルバム”THE MESSAGE Ⅲ”で大ヒットとなったI’m”T”から約1年、新たなクラシックとなる楽曲「MUSIC HUSTLER – MC TYSON」をDJcityに公開しました。2021.12.17リリースにされたばかりのMC TYSON 4th アルバム “THE MESSAGE 4”のリードシングルで、サンプリングソースにDopeman – N.W.AやJump – Kris Krossと同じくOhio Players – Funky Wormが使用されています。ナイトクラブでヘビープレー必須の楽曲です!

楽曲のダウンロードはコチラ

関連: 【STEEZ Session 06】DJ FUMMYがMC TYSONの「I’m T」を軸にスクラッチ&ジャグリング【STEEZ Session 06】

Pioneer DJが「CDJ-3000」の革新的アップデートを発表

近年いつでもどこでもアクセスできるクラウドの普及が急速に進む中、DJ市場においてもさまざまな楽曲を入手して“クラウドから直接DJプレイをする”といったニーズが高まっています。
そんな中、Pioneer DJがフラッグシップモデルのマルチプレーヤー「CDJ-3000」のメジャーファームウェアアップデート ver. 2.0をリリースしました。これは革命的なアップデートで、新たに搭載された「rekordbox CloudDirectPlay」により、CDJ-3000を直接インターネットに接続することで、クラウド上 (Dropbox) に所有している楽曲を使用してDJプレイすることが可能に。バイナルレコードやCDからPCDJへ。この先はこのままクラウドの時代へと進むのだろうか?

今週のTips and TricksではMojaxxが初解説しているのでチェックしてみてください

関連: Tips and Tricks: MojaxxがPioneer DJのDJM-V10-LFをレビュー

世界のローカル DJ・クラブ情報(Los Angeles🇺🇸, Bangkok🇹🇭, Dresden🇩🇪)

2020年から始まったパンデミックから1年半以上経ち、日本国内ではナイトクラブを営業しているところもスタートしている中で世界各国でも新たな動きが見られています。アメリカでは多くの場所でフェスティバルやライブコンサートなどが開催されている様子をソーシャルメディアを通じて見られる場面も増えてきたのではないでしょうか?

そんな中DJcity Japanでは各国の前線で活動するDJ達に向けてら3つの質問をそれぞれに問いかけ現在の状況を報告してもらいました。今回はアメリカのロサンゼルスで活動するDJ Eddie Boy, タイのバンコクで活動するBomber Selecta,そしてドイツのドレスデンで活動するDJ D3!Cにそれぞれの状況を共有してもらいました。

DJ Eddie Boy(Los Angeles🇺🇸)

◆クラブやバーの状況はどうですか?

徐々に回復してきています。再開されてからは、ほとんどの人がバーやナイトクラブに行きたがっています。私もナイトクラブでDJをするようになってからはとても楽しいです。みんなが外に出て、交流したり、踊ったり、楽しい時間を過ごしているのを見るのは嬉しいですね。 

◆クラブ/バー/ラジオ以外で新しいDJとしての活動はどんなことをしていますか?


2020年9月からTwitchでライブストリーミングを始めました。それにより新しいコミュニティを構築し、人々にリーチするための素晴らしいプラットフォームとなりました。Twitchを通じて、世界中の人々に音楽を提供することができました。またTwitchのコミュニティがなかったら絶対にできなかったであろう他のDJとのつながりもできました。

◆コロナが落ち着いたらどこに行きたいですか?(個人的&DJとして)

日本やイギリスにも行ってみたいですね。DJとして、新しいナイトライフ・シーンを体験し、新しい音楽を紹介してもらいたいと思っています。自分のスキルを高めて、より充実したDJになるために役立つと思います。個人的には、これらの国を旅行して、その国の文化を体験してみたいと思っています。 

Bomber Selecta(Bangkok🇹🇭)

◆クラブやバーの状況はどうですか?

ナイトライフは2020年4月から封鎖されていましたが、現在も一部のエリアで営業しています(ただしレストランタイプのみ)。私の住んでいる地域では、家で仕事をしている人が多いので、安全性の高い少人数制のプライベートパーティーは良い選択肢ではないかと思います。カクテルやドリンクのデリバリーサービスもあるようです。

◆クラブ/バー/ラジオ以外で新しいDJとしての活動はどんなことをしていますか?

今では私を含め、タイ国内のDJたちがTwitchでお金を稼ぐことができるようになりました。何人かのDJはMixcloudを使ってライブストリームを行っていると聞きました。新しいライブストリーム・プラットフォームに参加するように誘われていますが、今はTwitchがDJにとって一番の解決策だと思います。

◆コロナが落ち着いたらどこに行きたいですか?(個人的&DJとして)

大阪と東京に行きたいですね。音楽の雰囲気は人々の熱情が最高です。人もいいですし、ご飯、お酒も最高です。またカルチャーも美しいと思います。

DJ D3!C(Dresden🇩🇪)

◆クラブやバーの状況はどうですか?

クラブは徐々に再開されています。ほとんどのクラブでは2Gルールを採用しており、ワクチンを接種しているか回復していないと入場できません。2Gルールが適用されている場所は、人々がマスクなしで動いたり踊ったりすることが可能となります。。

◆クラブ/バー/ラジオ以外で新しいDJとしての活動はどんなことをしていますか?

フィットネスクラブやレストランなどのギグが重要となっています。ドイツ国内でライブストリーミングのプラットフォームとして一番使われるのはTwitchなのではないかと思います。

◆コロナが落ち着いたらどこに行きたいですか?(個人的&DJとして)

本当のことを言うとまた日本に訪ねたいと思っています。最高のアドベンチャーな気分を味わえます!そして日本にいる仲間達に会いたいです!

関連: 世界のローカル DJ・クラブ情報(Newcastle🇬🇧, Seoul🇰🇷, NYC🇺🇸)

Popular

  • 【DJ 8MAN】DJとして最もPLAYした曲

    1990年代半ばからDJキャリアをスタートしたDJ 8MAN。横浜、都内を中心に数多くのビッグパーティーに参加し、様々な著名海外アーティスト(Ne-Yo、T.I、The Game、Yung Joc等)のフロントアクトを務め、シーンに一目を置かれる存在となる。のちに、いかに観客を盛り上げるかを競うDJコンペティ...

  • DJcity Top 50 Year 2021 Mix by A4

    2022年がスタートし、既に数多くのリリースラッシュが続く中、昨年2021年を彩ったヒット曲はマストで押さえておく必要があるのではないでしょうか? 全83曲収録106分のミックスにはDJcity Top 50 Year 2021の楽曲をベースに、A4 (ACKO & DJ 4REST)がプロデュ...

  • 【DJ KEKKE】DJとして最もPLAYした曲

    2002年頃から札幌を中心にキャリアをスタート。2009年に上京し、現在では年間400本を超えるパーティーに出演する絶対的な現場主義者DJ KEKKE。幾多の世界的なメジャーアーティストの重要なフロントアクトを務め、Hip-Hop DJとしては異例の世界最大級ダンスミュージックフェスULTRA JAPAN、E...

  • DJcity Top 50 Year 2021

    下記のランキングはDJcityが毎年発表している、2021年に最もダウンロードされた楽曲のTop 50になります。この順位はDJcityユーザーのダウンロード数を元に集計したランキングです。(楽曲はDJcityが選んだものではありません) DJcityレコードプール内で2021年に最多数ダウンロードされ...

  • DJcity Podcast Mix : DJ NORE

    大阪のDJ NOREはSAM&DAVEやMADAM WOOにて活躍するHip-Hop DJ。アクセサリーショップVANITYの店長でもあります。最近はYouTube Liveにて配信したりと多岐に渡って精力的に活動中。 31分間のミックスには23曲のHip-Hop楽曲が収録されています。最後のトラックは...

  • Spotifyにて「DJcity Japan Selection」プレイリストがスタート

    DJcityのSpotifyページにて、 DJcity Japanがキューレートした「DJcity Japan Selection」のプレイリストがスタートしました。このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。 主に週に1度の間隔でプ...

  • CH419: DJ IKUがオススメする撮影アイテム Gopro編

    今のご時世自宅で撮影するDJプレイ映像をSNSでアップする人も増えた中で、実際どのような機材を使っているのか?GoProなどのカメラを使うとしても有効に使える便利なアイテムがあるのか?と考えてる方もいると思います。今回のCH419ではDJ IKUがGoProを使うにあったってどのようなアイテムが有効に使えるの...