DJcityニュース

ABEMAMIX Awards 2022ノミネートDJ・MC

今年もABEMAMIX Awards 2022の開催がアナウンスされました。今回ノミネートされたDJ・MCは計32名。受賞者には賞金総額100万円が贈呈されます。過去に優勝したのは、DJ HAL(2018年)、FUJI TRILL(2019年、2021年)、MARZY(2020年)。果たして2022年の栄冠は誰の手に???

ABEMAMIXは、ABEMA TV – HIPHOP CHにて様々なDJやアーティストを迎えて、連日6時間に及ぶライブ放送を展開している番組です。このABEMAMIX Awards 2022は、番組コンセプトを最も体現したDJ・MCを、視聴者の皆さんの投票で決定し表彰するものです。

投票はコチラから

ノミネートDJ・MC
DJ KANGO / DJ 8MAN / DJ RINA / DJ HOKUTO / DJ HAL / DDT-TROPICANA / doooo / DJ KENTA / ZEN-LA-ROCK / DJ WATARAI / EXILE MAKIDAI (PKCZ®) / DJ SN-Z / DJ CELORY/ MC BULL / DJ U-LEE / DJ HAZIME / DJ KEKKE / New J / DJ CHARI / FUJI TRILL / DJ KANJI /  ChibiChael / DJ RAID / DaBook / Yukibeb / DJ KIXXX / DJ OZIKILLER rep. POWER PLAYERZ / BLACK NINJA Sound / DJ IZOH / D.D.S / ALAMAKI / ShioriyBradshaw

投票に関する概要:

2022年11月22日(火)~12月19日(月)の投票期間中、オフィシャルサイトにて投票が可能。ノミネートしているDJ・MC自身も、自分以外のアーティストへ投票を実施します。2021年、ABEMAMIXのコンセプトを最も体現してくれたアーティストを、一般投票及びアーティスト投票より決定し表彰します。優勝者及び5名の入賞者には下記を贈呈します。投票結果は2022年12月24日に発表。
※1日1回の投票が可能です。
※同一IPアドレスからの過度な連続投票は不正の対象になりますのでご注意ください。

◆ABEMAMIX Awards 2022 Champion 1名
賞金 : ¥500,000
副賞 : Technics DJターンテーブル SL-1200MK7×2
Technics ワイヤレスイヤホン EAH-AZ60

◆ABEMAMIX Awards 2022 Silver Prize 5名
賞金 : ¥100,000
副賞 : Technics ワイヤレスイヤホン EAH-AZ60

関連: ABEMAMIX Awards 2021ノミネートDJ・MC

JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (November.2022)」

NYCを拠点に第一線で活躍する日本人DJの一人、JAPANESE DEEが現地の状況やクラブでヒットしている楽曲をタイムリーにご紹介。「Reporting From New York」2022年11月にピックアップされた楽曲はこちら。

10月は3週間日本に帰国していて、東京渋谷Harlem、大阪Ghost、そして地元鹿児島のNice And EasyでDJさせてもらいました。HarlemとGhostはHip Hop中心のパーティーでNice And Easyはラウンジ系のチルな感じで、どのパーティーもNYでやってるまんま自由にやらせてもらったんですが、お客さんの反応が素晴らしくて、本当にDJしてて楽しかったです。NYのクラブはどうしてもボトル客贔屓で、音楽好きの一般のお客さんとのフロアでの一体感を共有する事が難しい事もあるんですが、今回日本でやらせてもらったクラブは、ボトル客やスペシャルゲストに頼り過ぎずに、レギュラーのDJ&MCの方やスタッフの皆さんが毎週良い音楽を最高の流れでコンスタントに提供してて、それが常連客の体に染み付いている感じがしました。最高のパーティーの形だと思います。
コロナも落ち着いて、クラブに本格的に人が戻ってきて、元気なシーンを見れてとても嬉しかったです。今回のブッキングに協力していただいたHazimeさん、Martin君、Lead君、M@ruさん、本当にありがとうございました。そして、『DJ Cityの曲紹介楽しみにしてます!』って声かけてくれた皆さんもありがとうございます。
今回の滞在で一番嬉しかったのはHarlemにNYの戦友K.Da.B君とC2君が来てくれた事。K.Da.B君はNY時代はSelfとかYoung Chowとかと並んで、Hip Hopとかカリビアン系のローカルなパーティーをマイクしながらガッツリ盛り上げてたDJで、帰国してからはヤクルトスワローズのオフィシャルDJとしてアリーナをロックしたり、大活躍中。C2君はRihannaとかJay-Z来るようなパーティーで毎週レジデント任されてて、帰国してからも1OAKとかMadam Wooとか日本の一流のクラブでNYのバイブスを体感できるパーティーを任されてる。本当に二人の事を誇りに思います。
あと、俺が日本で楽しみにしてたのはDJ Danbo君のプレイを見ること。金曜Ghostで共演した後も、京都で土日続けて見に行きました。彼のプレイはゴリゴリのHip Hopはもちろん、ラテンやAfrobeatsもバランス良くかけてて、しかも選曲も客や箱に合わせて変えてて、相変わらず最高でした。
こうして日本で活躍してるアーティストの方々とそのパーティーから、滞在中めちゃくちゃインスパイアされて、良いエナジーをNYに持ち帰ることが出来ました。この DJCityのプラットフォームを通して、少しずつ日本の皆さんに還元して行けるように頑張りますので、これからも宜しくお願いします。

DD Osama & Notti Osama – Dead Opps
NY Drillの次世代希望の星でハーレム出身の兄弟ラッパー。悲しいことに弟のNotti Osamaは若干14歳にして天国に旅立ってしまいました。最近、ちょうど俺はマンハッタンのハーレム地区に引っ越したばかりで、Nottiが亡くなった137丁目駅まで徒歩圏内で、ショックが大きかったです。兄のDD Osamaが引き続きソロのラッパーとして活動を続けているので、応援していきたいと思います。Drakeなどからもその実力は注目され、これからの活躍が期待されます。

Asake – Terminator
ナイジェリアでリリース後すぐに1位を獲得したAsake “Terminator”がNYでも合唱レベルで人気です。Asakeは、アフリカで最も影響力のあるアーティストOlamideによって創設されたレーベルYBNLにサインされ、今年9月にデビューアルバムMr. Money With The Vibeをリリースしていて、今絶好調のアーティストです。

Lil Baby ft. Future – From Now On
4年ぶりの待望のアルバムIt’s Only MeがリリースされたばかりのLil Baby、ハードコアな曲がクラブでも大人気ですが、彼はコミュニティーへのギブバックする活動が評価され、今年Humanitarian Award(人道的な活動を讃える賞)を受賞しています。とてもプライベートなラッパーでインタビュー嫌いとしても有名ですが、今年は彼のドキュメンタリー“Untrapped-The Story Of Lil Baby”が夏にリリースされました。間違いなく今のHip Hop界を代表するスーパースターです。
ずっと前にShade45にもインタビューに来てくれた時は、ポケット一杯にキャンディーを詰め込んでてWhookidにつっこまれてました。今回紹介するこの曲のミュージックビデオは、4月にLil Durk “AHHH HA”を紹介した時に触れたLESにあるセレクトショップ375 Showroomで撮影されています。このお店はYams Dayの商品を担当しているので、来年1月のYams Dayも楽しみです。また、同じオーナーが来年2月にLESにハイエンドアパレルショップESSX(エセックス)をオープン予定でこちらも注目です。

Armani White – Billie Eilish.
TikTokでバズってからしばらく経つこの曲ですが、今ラジオやクラブでプッシュされきちんと曲として流行ってきています。先日Warner MusicのA&Rやってる友達と話したんですが、今レーベルに求められるのは、まさにこのTikTokやSNSでバズった後のフォローアップである、と。例えばTikTokで何百万人って人がXXチャレンジとかのトレンドで曲が使われても、曲が一人歩きしてるだけで、誰もアーティストの名前や活動を知らないまま流行りが終わってしまう事も多い。そこで重要なのがレーベルやラジオの丁寧なインタビューや曲のプロモーション。この曲のラッパーArmani WhiteもDef Jamにサインされて、いろんなプラットフォームで生い立ちや経歴を紹介され、中身のある良いラッパーとして認知されつつあります。かつてはローカルでハイプのあるアーティストを見つけるのがA&Rの仕事だったけど、今は星の数ほどいるSNSで人気でファンベースの確立しているアーティストの中から、ツアーやプロモーションに予算をかけて、レーベルと共にネクストレベルに持っていく価値のあるアーティストを探し出すのがA&Rの手腕の見せ所になっているようです。

Rihanna – Lift Me Up
2016年にリリースされたAnti以来6年ぶりの待望のリリースとなるRihannaの新曲はBlack Panther: Wakanda Foreverのサウンドトラックに収録予定のこの曲。Black Pantherの主役で大腸癌により惜しくも命を落としたChadwick Bozemanへの追悼曲です。バラードで、クラブバンガーにはならないかもしれないですが、今年一番の重要曲になると思います。Rihannaは今シーズンのSuper Bowlのハーフタイムショーが決まっていて、どんなテーマでやるのかすごく楽しみだったんですが、この曲がメインに、Black Power全開で行くのかも。先日Elon MuskがついにTwitterを買収したというニュースが入りました。以前から言論の自由を掲げ、Twitterから制限をかけられていたアカウントを解放すると宣言していた事を受け、Twitterは差別的、攻撃的な内容のTweetsで一時的に溢れているようです。今までも1歩進んで2歩下がる、って印象のアメリカの人種問題ですが、自分はやっぱりエンターテイメントってものすごいパワーを秘めていると思うんです。Rihannaのハーフタイムショー、そしてBlack Panther: Wakanda Foreverと、音楽や映画の力を借りてアメリカが抱えるこの問題がまた1歩、着実に前に進めることを願います。

関連: JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (October.2022)」

ビギナー向けに各メーカーが推奨するDJ機材を徹底比較。【2022年】

数回にわたりDJ機材メーカーが推奨する初心者向けのスターター機材を、各プロDJのレビューと共に紹介してきました。ここであらためて、各メーカー推奨機材を簡潔にまとめました。本企画では紹介しきれなかったDJ機材も交え、価格、機能面、拡張性を含め、比較しやすいよう一覧にまとめてご紹介します。

※注 : 価格は変動する場合があります

↓プロDJ達が各メーカーの機材を実際に使用したレビュー記事はこちら↓

Numark – Mixtrack Platinum FX 購入する
Reloop – Ready 購入する
Denon DJ – Prime Go 購入する
NATIVE INSTRUMENTS – TRAKTOR KONTROL S2 MK3 購入する
Pioneer DJ – DDJ 400 購入する

 

DJをする方式は、プロDJの間でもスタイルなどにより様々ですが、大きく分けて三つの方式があります↓

 

①Laptop(パソコン)でPCDJソフトウェアを使用しDJする場合

主に以下三つのソフトウェアが定番となっています。それぞれの特徴を簡単に説明すると

1.  Serato DJ Pro → dvs(デジタルバイナルシステム)に特化した世界シェアNo.1を誇るソフトウェア。前身となるPCDJソフトウェアで先駆けとなったRane社の「Scratch Live」から国内でも圧倒的な人気です。操作の機敏さから、Hip-hopを主体としたCLUB DJが多く利用しています。Reggaeセレクターにも人気。価格は現在¥36960(税込)。※無料版ソフトのSerato DJ Liteもあります。

【Serato DJ Pro対応のおすすめ機材 (L→R 価格が安い順)】

Numark – Party Mix Ⅱ / Mixtrack Pro FX / Mixtrack Platinum FX
Reloop – Ready / MIXON 4
Pioneer DJ – DDJ-SB3 / DDJ-REV1 / DDJ-FLX6 / DDJ-1000SRT / DDJ-REV7

 

2. rekordbox → 国内のナイトクラブやフェスティバル等で使用されるDJ機材で、100%に近いシェアを誇るPioneer DJが開発したPCDJソフトウェア。ハードウェアとの互換性が最も高く、特にCDJとの相性が良い印象です。USBメモリやSDカードにエクスポートし、CDJ等に接続して使用する場合にも、楽曲管理は同じソフトウェアを用いるため、様々な機材環境でのプレーを必要とされるCLUB DJの利用者が増えています。価格はver.6からサブスクライブのみとなっており、最安値のプランで月額¥1078(税込)

【rekordbox対応のおすすめ機材】

Pioneer DJ – DDJ-400DDJ-FLX6 / DDJ-800 / DDJ-1000

【Serato DJ Proとrekordboxの両方対応しているおすすめ機材】

Pioneer DJ – DDJ-FLX6 / XDJ-XZ

※XDJ-XZはオールインワンDJシステムで、楽曲をエクスポートしたUSBメモリでのプレーも可能。

3. TRAKTOR PRO 3 → 安定感の高さに加え、NATIVE INSTRUMENTS社ならではの音質の良さ、豊富なエフェクトが特徴。レイテンシー(遅延時間)が限りなく少なく、多くの著名バトルDJが利用しています。その一方で、マスターアウトにソフトウェア上でマキシマイザーを挿せるなど、高音質を追求するHouseやTechno等のDJにも愛用者が多い。ソフトウェアの価格は現在¥13400(税込)となっていますが、S2 MK3 or S4を購入すると、ライセンスが付属されます。

【TRAKTOR PRO 3対応のおすすめ機材】

NATIVE INSTRUMENTS – TRAKTOR KONTROL S2 MK3 / TRAKTOR KONTROL S4

 

②USBメモリやSDカードに楽曲データをエクスポートしDJする場合

EDMフェスティバルやナイトクラブでもHouseなどのダンスミュージックを主体とするDJに多い傾向にあります。多くの場合、LaptopやPCで楽曲管理ソフトウェアrekordboxを使い、キューポイント情報やループなどの設定を管理し、現場ではUSBメモリやSDカードにそれらの情報をエクスポートし、CDJに接続してプレーする方法。Denon DJ – Engine PRIMEでも同様の管理ができます。Engine PRIMEは、rekordbox、iTunes、Serato DJ、NI TRAKTORデータベースの統合とインポートが可能になり注目を浴びています。いずれも楽曲管理のみで使用する場合、ソフトウェアは無料です。

【実機CDJなどでUSBメモリ等を介しプレーしたい方へのおすすめ機材】

Denon DJ – Prime Go / Prime 2 / Prime 4
Pioneer DJ – XDJ-RX3

 

③ アナログターンテーブルとミキサーを使い、バイナルレコードでDJする場合

(番外編) 全ての基本となるのがターンテーブルとバイナルレコードです。世界的にバイナルブームが再熱している事もあり、近年ではアナログレコードをリリースする人気アーティストも増えています。上記①PCDJを使ってプレーする、②USBメモリ or SDカードをCDJに接続してプレーする、いずれの方法も全てこのアナログターンテーブルが基準で、デジタル化されモデリングされています。DJそのものを原点から知っておきたい方は、アナログターンテーブル + ミキサー & バイナルレコードからスタートする事をオススメします。

【アナログターンテーブルを使ってプレーしたい方へのおすすめ機材】

Technics – SL-1200Mk7
Pioneer DJ – PLX-500 / PLX-1000 / 2ch MIXER DJM-250MK2
Reloop – RP-7000 MK2

 

デジタル化が進んだこの数年間で、各機材メーカーは、数多くの有能なDJ機材をリリースしました。その事から、従来のターンテーブル + ミキサーといった、単純なセットアップ以外にも選択肢が増え、より複雑に感じる方も少なくないはず。失敗をせずにソフトウェアやDJ機材を選ぶには、音楽的なDJスタイルはもちろんのこと、そのDJ機材やソフトウェアの拡張性、実際の現場での適応性なども調べておく必要があります。当然ながら実機のセット(ターンテーブル、CDJ、DJミキサー)が1番であることは間違いありません。しかしながら、全一式を揃えるには数十万円の予算が必要になります。高額な故、なかなか手を出せないイメージのままの方も多いのでは?近年では割安なコントローラーやオールインワンDJシステムといった、実機より半額以下のコストでキャリアをスタートできる時代となってきています。予算に悩んでいた皆さんも今一度、DJキャリアのスタートを検討してみてはいかがでしょうか?上記で解説した、低予算のコンパクトコントローラーは、将来的に実機の購入を検討されている場合でも、サブ機として充分に使える代物で、決して無駄な買い物になる事はありません。既にプロDJとして活動されている皆さんも、サブ機としての導入や、機材のアップデートをお考えの際、是非参考にしてみてください。

関連: これからDJを始めるのに最適なスターター機材は?(まとめ)

2022年10月1日からSerato DJ製品価格が改定に。今ならToolkitとEssentialsがお得!?

世界シェア最大級を誇るPCDJソフトウェアSerato DJが再び価格改定のアナウンスです。

今ならToolkitとEssentialsがお得に!

販売完了の製品については、在庫限りの販売。

Serato DJ Toolkit  /  Serato DJ Essentials

巷で話題の、ver3.0へは無償でアップグレードできるので、価格据え置きの上記2製品がお得です

まずここで整理しておくべき点は、Serato DJ Proはフリーソフトウェアではありません。現在もフリーで使えているユーザーは、RANE SL4などに代表されるインターフェースを利用することによりDVS(デジタルバイナルシステム)機能が解除され、使用可能となっている状態です。しかしながらRANE SLシリーズなどは既にサポートが終了しており、macOS 10.15 Catalina / WIndows 10以降のOSでは使用できなくなっています。

この事から、現在も国内ナイトクラブで定番のインターフェース内蔵型4chミキサーとして親しまれているDJM-900NXS2のインターフェースを利用する需要が高まっています

結論から言うとSerato DVSを含む下記バンドルパックのいずれかを購入する必要があります

↑これらのバンドルパックはSerato DJ Proのライセンスをまだ持ってない人向け。

↑既にSerato DJ Proのライセンスを持っている人は、こちらのSerato DJ Expansionsが良いでしょう。

 

多くのDJを悩ませるアップデート問題。10年以上もの間、多くのDJが当たり前に利用してきたRANE SLシリーズのサポート終了と共に、ハードウェアとソフトウェアの様々なアップデートが必須となってきました。Serato製品価格改定前に、今一度精査すべき事案なのではないでしょうか?

関連: 生産終了のハードウェアとの互換性【Serato DJ Pro】RANE SLシリーズはサポート終了に

これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? -Numark編②-

本企画はDJ機材メーカーが直々にオススメするスタートアップDJ機材を、現役で活躍するDJ達が実際に使用し、使用感や機能性など、生の声をレビューして頂きました。これからDJをスタートしたいと考えている皆様の参考資料として是非ご活用ください。

【Numark編②】
Numarkが推奨する2つ目のスタートアップDJ機材は↓

LEDパーティライト搭載・スピーカー内蔵DJコントローラー【Party Mix Live

Serato DJ Lite(Pro)、djay Pro AI対応で本格的なDJプレイを楽しめるDJコントローラー。カラフルなLEDイルミネーションを搭載し、タッチセンシティブ・ジョグホイールでスクラッチプレイも思いのままに行えます。また各デッキに搭載されたフィルターノブやパフォーマンスパッドはホットキュー、オートループ、 サンプラー、エフェクトをダイナミックにコントロールすることが可能です。スピーカーが内蔵されており、外部スピーカーに繋がずにいつでもDJが出来ます。本機について、夫婦ともにDJとして知られるDJ C2 & DJ MIKA、そしてお子様のDJ DreamUさんにレビューして頂きました

Q : まずは普段お使いになられてるPCDJソフトウェアやDJ機材を教えてください

C2 : ソフトウェアは二人ともSerato DJ Proで、家の機材はDJM-S9とTechnicsのターンテーブルです。

Q : 普段現場でDJされる時、お店によってバラバラだと思うのですが、現在1番多いまたは1番快適と思う機材環境を教えてください

C2 : 僕はCDJ2000NXS2とDJM-900NX2かなー。

MIKA : 私はTechnicsのターンテーブルとDJM-900NX2がいいですね。CDJでもいいんですけど、バイナルの方が好きです。

C2 : もちろんできればバイナルがいいんですけど(笑)。もうターンテーブルを置いてるクラブが少ないよね。

Q : Party Mix Liveを実際に使ってみた感想を教えてください

MIKA : とにかく手軽でコンパクトだし、機能的にも必要最低限のものが備わっているので初心者には本当にオススメです。あとこのLEDライトもパーティー感があって良いです(笑)。スピーカーも内蔵されているし、キャンプとか家でホームパーティーをするのにはこの1台でバッチリだなと思います。

C2 : LEDライトは革新的だと思ったね。本当に機材メーカーさんの目の付けどころがヤバいと思いました。機能的には普通にEQやFilterを使って綺麗なミックスをする分には、本格的な実機とほぼ変わらないと思う。プラッターも慣れればスクラッチも出来ると思うし、何もないところからとりあえずDJを始めてみようと思う方にとても適していると思いました。

MIKA : あとEffectとかLoopのボタンなども初心者にはシンプルでわかりやすいと思うし、実際使いやすいです。

C2 : 初心者はまず拍を数えるところから始まると思うんだけど、Loopに関しては拍を理解するのにも便利だよね。8小節や16小節の長さって意外と最初はわからないものだから、実際にLoopをかけてみるとわかりやすいと思うね。あとやっぱりパソコンのキーボードやマウスを触らずにParty Mix LiveのBrowseノブで全て操作できるのも良いね。

Q : 小さなお子様にとってベストなサイズ感?

MIKA : そうですね。大人には少し小さいめだけど、小さな子供の手にはピッタリだと思います。値段もお手頃だしプレゼント用にもいいですね。

C2 : 5歳ぐらいになれば子供も原理を理解できると思うし、ほんと小さなお子さんへのプレゼントにもちょうど良いですね。すでに娘のDreamUちゃん(1歳)もクロスフェーダーを動かすと、音が鳴ったり鳴らなくなったりぐらいは感覚で理解してると思います(笑)。

Q : Party Mix Liveのお値段は¥12800税込となっていますが、この値段は率直にどう思いますか???

C2 : めちゃめちゃ安い(笑)。Serato DJ Liteならソフトウェアもフリーだしね。

MIKA : djay Pro AIっていうアプリケーションを使えば、iPhoneやiPadでも簡単にDJ出来るし本当にお手頃ですね。

Q : 何か機能的な事などでメーカーに期待したい要望はありますか?

C2 : 言うことないくらい機能は揃ってると思うから特にないけど、強いて言うなら電源がパソコンのバスパワーで動いたらさらに最高ですね。スピーカーを内蔵している分その辺りは難しいと思うけど…。

(※メーカー様からの補足としてスピーカーが付いていないタイプで、同等の機能のParty Mix はバスパワーで動きます)

Q : では最後にこれからDJを始めようと思っている皆様へメッセージを

C2 : 大人の皆様は自分が行きたいフィールドのナイトクラブに通う事。まだ未成年の皆様も、曲を聴くときにカウントを取ることを癖づけとけばすぐに上手くなれると思います。サビが何小節あるのか?とかを理解してくると曲の構造だったりミックスポイントがわかってくると思うので、まずはこのParty Mix Liveぐらいお手軽な機材からDJを始めてみて、もっと本格的にやろうと思ったなら、その時に上位機種を買えばいいと思うし。とにかくParty Mix Liveは一家に1台持っていて損はないと思うよ。

MIKA : クラブとかバーとかみたいな場所を意識しなくても、家族と一緒に家でパーティーするのも楽しいので、このParty Mix Liveを使って、好きな曲を繋いでみて、まずはDJってモノを体験してみてほしいです。そこから本格的にプロを目指すなら、とにかくやり続けることが大切だと思います。

購入はコチラ
Amazon
楽天市場
Yahoo

関連: これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? -Numark編-

関西を拠点に活動する注目のシンガーソングライターMEDIUNNの1st ALBUM「泡沫」から4楽曲をDJcityに公開

地元関西を拠点に活動するシンガーソングライターMEDIUNN。2021年にリリースされた1st ALBUM「泡沫」から、“溺れる”、“ランデ・ヴ”、“SoulNevaDie”、“ネムレナイ – Remix”をDJcityに公開しました。2022年9月より自身のYouTubeにて、3部作にわたりバンド構成で「泡沫」のスタジオライブ映像を公開中。修正のきかない一発撮り映像からも汲み取れるように、タフで艶やかな歌声は本物の実力派ネオ・ソウルシンガーと称され、大きな注目を浴びている。2023年初旬には、元々活動していたバンド時代からの盟友 KKJ(guitar/producer)とともにEPのリリースが予定されており、DJ’sもマストチェックのアーティストです

ダウンロードはコチラ↓

溺れる
ランデ・ヴ
SoulNevaDie
ネムレナイ – Remix

関連: J. Studio Osakaで制作するアーティスト達の楽曲

JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (October.2022)」

NYCを拠点に第一線で活躍する日本人DJの一人、JAPANESE DEEが現地の状況やクラブでヒットしている楽曲をタイムリーにご紹介。「Reporting From New York」2022年10月にピックアップされた楽曲はこちら。

Ice Spice – Munch (Feelin’ U)
NYのクラブでかなり反応良いのがこの曲。女の子が合唱するレベル。去年tiktokの”Buss It”チャレンジでバズってから、何かと話題が絶えないアップカマーなBronx出身のラッパーです。これからの活動が楽しみです。

Glorilla, Cardi B – Tomorrow 2
Cardi Bがハマった時のエナジーは本当に鳥肌もんですよね。この曲は皆んな1回聴いたら『あぁ、流行るな』って感じるはず。今年出た曲の中でもこのCardiのバースはトップレベルだと思います。Ice Spiceの”Munch”とセットでかけるDJも多いです。(CardiのヴァースでThat ni**a a munch and he gon’ eat me like a mangoって言ってる箇所があるので)ここで8月に紹介したGlorillaの”FNF”が今でもクラブで一番ウケる1曲ですが、この曲も既にフロア受け抜群です。CMGにサインされる前は、音源もビデオもまだまだ荒かったGlorillaだけど、ここ最近のレベルアップが目まぐるしいです。

Elton John & Britney Spears – Hold Me Closer
1971年リリースのElton John ”Tiny Dancer”のリメイクで、Britney Spearsとのコラボが注目を集めている1曲。Top40やダンスミュージックが中心のパーティーで盛り上がっています。成年後見人だった父親を訴えた裁判で勝利を収め、色々乗り越えてきたBritneyがエンターテイメント界にカムバックしたということで、彼女の新たな出発をサポートするお祝いムードが漂っています。ただ、オートチューンが強く、Britneyのボーカルが映えないのが少し残念です。

Tems – Free Mind
ナイジェリア出身の女性アーティストTemsの2020年リリースの曲ですが、今ピークを迎えています。クラブでもよくリクエストされますし、ラジオでもヘビロテされています。 Burna Boy – Last Lastもじわじわと流行ってきて、今ではパーティーで一番盛り上がる1曲になっています。アメリカ国外の曲は、この様に時間をかけて浸透していくことが多くて面白いですね。Afrobeatでは、リリースされたばかりのFireboy DMLの新しいアルバムも注目です。

Young Devyn & Fivio Foreign – Outside
最後の一曲はサポートの意味も込めて、NYのDrillシーンを引っ張って行って欲しい二人のラッパーのコラボ曲です。9月にNYCでRolling Loudが開催されてBK Drillを代表するFivioや若手注目のYoung Devynも出演し大成功を収めたのは嬉しかったんですが、残念だったのはNYPDからRolling Loudの主催者に一部のDrillラッパーの出演を控えて欲しいと要請が入り、何人か急遽出演出来なくなってしまったんです。最近、ヒップホップのリリックが法廷で証拠として使われたり、今回の様に警察がアーティストの活躍の場を制限したり、Hip Hopコミュニティーにとってかなり懸念される状況が続いています。この件に関して、Hip Hopのファンはアーティストの表現の自由が尊重され、作品と個人は区別されるべき、という意見が多いと思いますが、今回はちょっと踏み入って、Drillの問題点について黒人のBLMの人権活動家の友達と何回か話をしてみました。ギャングスタラップや最近のDrill音楽が問題になっている理由は、バイオレントなリリックの矛先になっているのが、同じ黒人(スラム街、マイノリティも含む)コミュニティであることです。過去にもSex PistolsがUK王室に対して、またはNWAが警察やLA暴動に関してかなり過激な内容の曲をリリースしていますが、それらは共通して富裕層贔屓の政府の政策や差別問題、警察の暴力などに対してであって、同じコミュニティに向けてバイオレンスを煽るようなジャンルや曲は今までなかったのではないでしょうか?そしてもう1つ問題なのは、SNSなどを通してアーティストとファンの距離が未だかつてないほど近いことです。昔はレーベルのフィルターを通して作品を作品として、リスナーは適度な距離を保ちつつ消化して受け入れることができていましたが、今は特に感性の高い若年層がリリックの内容を『ライフスタイル』としてそのまま吸収してしまっているのが問題になっています。子供がいる黒人の友達何人かに『子供にDrill聴かせる?』って聞いてみたら、全員『絶対聴かせたくない』って即答です。アジア人の俺にとってDrillは、特にクラブで爆音でかけた時の迫力とエナジーは唯一無二で大好きですが、自分のプラットフォームをどのように使って、どんなメッセージを伝えていきたいか、っていうことはアーティストとして常に考え意識しなければいけないと思っています。この問題に関してはもっと勉強しながら、Drillの良さを安心して受け取ってくれるオーディエンスに向けて発信していける様に心がけていきたいと思います。

関連: JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (September.2022)」

DJcity価格改定のお知らせ

2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます

■DJcityの3つのサブスクリプションプラン

いずれのプランもDJcityレコードプールに掲載されている全ての楽曲をダウンロードすることができます。また、公式のモバイルアプリやデスクトップアプリと連携させてご利用することで複数の楽曲を一括で簡単にダウンロードすることが可能です。

・スタートアッププランは、ご新規でDJcityのユーザー登録をされる方に限定いたします。
・ご登録にはクレジットカードで必須となります。(ご利用可能なクレジットカードはコチラからご確認ください。)
・契約プランの変更・解約は、DJcityにログイン後、マイアカウントページの【契約内容】より変更がいつでも可能です。万が一変更できない場合はお手数ですが、お問合せください。
・お問い合わせはコチラからご連絡ください。

これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? -NATIVE INSTRUMENTS 編-

本企画はDJ機材メーカーが直々にオススメするスタートアップDJ機材を、現役で活躍するDJ達が実際に使用し、使用感や機能性など、生の声をレビューして頂きました。これからDJをスタートしたいと考えている皆様の参考資料として是非ご活用ください。

【NATIVE INSTRUMENTS編】
NATIVE INSTRUMENTSが推奨するスタートアップDJ機材は↓

NATIVE INSTRUMENTS TRAKTOR 2ch DJコントローラー 【TRAKTOR KONTROL S2 MK3

(メーカー直販税込価格 ¥38800)

TRAKTOR PRO 3と連動するTRAKTOR KONTROL S2 MK3は、どこでも気軽にミックスできるポータブルな2チャンネル・DJシステム。DJプレイに必要な機能がすべて搭載し、ホームパーティーから現場のDJブースまで対応。ループやビートシンクなど簡単操作のツール、クラブ仕様のエフェクトを搭載しており独創的なDJプレイが可能。本機を広島を中心に活動するDJ BAHNさんにレビューして頂きました

Q : まずは普段お使いになられてるPCDJソフトウェアやDJ機材を教えてください

BAHN : TRAKTOR PRO 3です。2011年ぐらいに購入してからなので11年ほど使っていますね。

Q : 2022年現在、自宅の使用機材を教えてください

BAHN : 自宅ではターンテーブルとTRAKTOR KONTROL Z2というミキサーのセットを使っています。あとは上位機種のTRAKTOR KONTROL S4 MK3も使っています。

Q : 普段現場でDJされる時は、どのような機材環境でプレーされていますか?

BAHN : クラブなどのお店に常設されているDJ機材セットは使わずに、TRAKTOR KONTROL S2 MK3もしくはS4 MK3を持ち込んでプレーしています。

Q : 数あるPCDJソフトウェアの中でTRAKTORを選んだ理由は?

BAHN : NATIVE INSTRUMENTSのビデオなどで、スクラッチが上手いDJが大勢プロモーション出演していたんですよね。実際に、試しに触ってみら、スクラッチのタイムラグなどもほぼ無いように感じて。音の感度とか、タッチした感覚とか、全てにおいて「めちゃ良いじゃんっ」ってなったんですよ。あとは出場していたDMCというDJバトルで、公式ミキサーがTRAKTOR KONTROL Z2になった時期があって、それもかなり大きかったですね。

Q : TRAKTOR KONTROL S2 MK3について、これからDJをスタートする皆さん目線でこの機材の魅力を教えてください

BAHN : 触ったことが無い人には解りづらいかもしれませんが、TRAKTORはエフェクトだったり、REMIX DECKというサンプラーみたいな機能だったりと、機材が苦手な方からするとかなり複雑な作りになっているのですが、S2 MK3に関してはそういった難しい部分を排除したシンプルなコントローラー設計になっています。なのでまずDJを始めてみようと思う方にとって、必要な機能が的確なレイアウトになっていると思いますね。最初はいろんなボタンなどがあり過ぎても、頭が混乱してしまうと思いますし(笑)。サイズ感もちょうど良くて、ジョグも大きいし、ボタンやツマミの配置もちょうど干渉しない配置になっていますね。

Q : iPadとゆう端子がありますがこちらの使い方は?

BAHN : パソコン自体が機械的に難しいって方でも、iPad用の専用無償アプリTRAKTOR DJ 2を使って、ライトニングケーブルでS2 MK3とiPadを繋げば、パソコン無しでシンプルなDJプレーができます。ちなみにS4 MK3ではiPadでのプレーは出来なくて、S2 MK3のみ対応しています。なのでより簡易的にスタートできると思いますね。

Q : TRAKTOR KONTROL S2 MK3と、ターンテーブル&ミキサー(TRAKTOR KONTROL Z2)セットの違いは?

BAHN : ミキサーのZ2だと制限されている機能が、コントローラーのS4 MK3やS2 MK3だと拡張的な機能が拡がっていると感じますね。Z2だとCUEパッドが縦の配列で4個で、切り替えれば8個使えますが、S2 MK3やS4 MK3はそもそもCUEポイント用のパッドが8個ついているし。あとはTRAKTORのオーディオ設定で繋いでいるパソコン本体のスピーカーを選択すれば、CUEポイントをつけたりループをつけたりする仕込み用だったり出先で使うのにも便利ですね。S2 MK3は単純に軽いし持ち運びにとても重宝します。

Q : S4 MK3とS2 MK3はどう使い分けていますか?

BAHN : 普段現場で使うときはS4 MK3を持ち込むことが多いんですけど、場所によっては置くスペースがなかったり、転換に時間を要せなかったりする時もあるので、そういった場合S2 MK3を持ち込んでいます。特にアーティストのライブDJをする時とかにかなり重宝しますね。S2 MK3は電源もパソコンのバスパワーで動くので、セッティングに時間をとらないしとても楽です。

Q : TRAKTOR KONTROL S2 MK3のお値段はメーカー直販税込価格 ¥38800となっていますが、この値段を率直にどう思いますか???

BAHN : ターンテーブル2台とミキサーを揃えることを考えたら、¥38,800はかなり安いと思いますね。試しで買ってみてもいいぐらいの値段だし、未就学生の方でもお年玉を貯めて買えるぐらいの値段ですよね(笑)。

Q : 他社のPCDJソフトウェアと比べてTRAKTOR PRO 3の魅力とは?

BAHN : 単純にまずTRAKTORの画面のレイアウトとか波形とかがしっくりきました。NATIVE INSTRUMENTSはソフトウェア音源やプラグインを作っている会社なだけあって、やはり出音が良いです。あとはエフェクトもめちゃくちゃ良くて、例えばディレイを選択したとして、そこからFB(フィードバック)とか、Filter(フィルター)とか、一つのエフェクトに対してかなり細かい設定ができます。その辺りこだわりたい人はこだわりたい部分だと思うので。

あとは他社だとサンプラー機能の部分が、TRAKTORだとREMIX DECKっていうんですけど、サンプラー機能をさらに複雑化して、巧妙にビートにかみ合わせれるような機能があるんですけど、自分で作ったループなどを入れたりして、様々な機能をフルに使いこなせたら、もはやDJを越えてLIVEみたいなプレーも出来る所が、PCDJソフトウェアの可能性としてポテンシャルの高さを感じていますね。実際にDMCでもこの機能を使って変わったルーティンをやっているDJもいたし。

Q : NATIVE INSTRUMENTS社がTRAKTOR PRO PLUS という新しいサブスクリプションサービスを開始していますが利用していますか?

BAHN : (インタビューの)数日前にその情報を知ったのですが、まだ試せて無いですね…。TRAKTORには元々マスター出力にLIMITER (MAXIMIZER)をかけれる機能があるので、音を前面に出す感じのダンスミュージックとかにはすごく合っていると思うんですよ。そのLIMITER(MAXIMIZER)のところにDTMer御用達のiZotope OZONEのマキシマイザーが使えるようになるみたいですね。TRAKTOR PATTERN PLAYERも気になっていて、使ってみたいですよね。

Q : では最後にこれからDJを始めようと思っている皆様へメッセージを

BAHN : TRAKTOR KONTROL S2 MK3は簡易的でビギナーズ用ではあるけど、現場でも実際に使っている人も沢山いるし、これから機材を買ってDJしてみたいって方に本当にオススメします。値段が比較的安いからといってチープなわけではないので、使ってみる価値があると思います!

購入はこちら↓
NATIVE INSTRUMENTS

関連: これからDJを始めるのに最適なスターター機材は? -DENON DJ 編-

GENREBNDR Mixcloud エッセンシャルミックスプログラム「Ride with」の第五弾ゲストは大阪からIMAIが登場!

“ドライブ”をテーマとし全国各地のゲストミキサーが其々の感性で革新的な60minのミックスを制作し、GENREBNDR Mixcloudより公開するエッセンシャルミックスプログラム「Ride with」。第五弾ゲストには、大阪を拠点に活動するベテランDJ IMAIが登場!

01. Serani – Be with You
02. Jahmiel – Still Not over You
03. Mavado & Stefflon Don – Diamond Body
04. Gyptian ft. Nicki Minaj – Hold Yuh (Remix)
05. Ricky Blaze – Just You & I
06. Skip Marley & H.E.R. – Slow Down (Afromix)
07. Love Potion – Mafikizolo
08. CKay ft. Frizzo, Joeboy & Kuami Eugene – love nwantiti (ah ah ah) (German Remix)
09. Wayne Wonder – Hold Me Now
10. Beenie Man – Missing You
11. P.Didd & Faith Evans ft. 112 – I’ll Be Missing You
12. Faith Evans ft. Twista – Hope
13. The Notorious B.I.G ft. 112 – Sky’s The Limit
14. 2Pac – Keep Ya Head Up
15. Zapp – Be Alright
16. Lenny Kravitz – It Ain’t Over Til It’s Over
17. Lenny Kravitz – Fly Away (Remix)
18. Red Hot Chili Peppers – Under the Bridge
19. Post Malone & Swae Lee – Sunflower
20. Post Malone ft. Doja Cat – I Like You (A Happier Song)
21. Surface – Happy
22. Supershy, Tom Misch – Happy Music
23. Stardust – Music Sounds Better (Electro Mix)
24. Bag Raiders – Shooting Stars
25. Drake – Massive
26. Kylie Minogue – Can’t Get You out of My Head
27. Elton John & Britney Spears – Hold Me Closer
28. Wale ft Jeremih – The Body (TonyTone Remix)
29. Megan Thee Stallion & Dua Lipa – Sweetest Pie
30. Cardi B & Bruno Mars vs Ghost Town DJs – My Boo Please Me(Dj IMAI Re-Edit)
31. City Girls ft.Usher – Good Love
32. Franki Valli and The 4 Seasons – Can’t Take My Eyes Off of You(B-More Edit)
33. Marvin Gaye & Tammi Terrell – Ain’t No Mountain High Enough

IMAI

90年代半ばより京都を拠点にCLUB DJとしての活動を開始。不動の人気を博したMix Tape『LUXURY LOUNGE』シリーズで全国区にその名を広め、地元関西を拠点に多数のビッグパーティーに出演。現在もCLUB DJと並行しながら楽曲制作にも力を入れ、地元関西を拠点としながらも、世界に向けてその音楽センスを「発信」できる貴重なDJとして、マルチな活動をDJとして進み続ける

関連: GENREBNDR Mixcloud エッセンシャルミックスプログラム「Ride with」の第四弾ゲストは東京からALAMAKIが登場!

Popular

  • DJcity価格改定のお知らせ

    2022年10月1日よりDJcityのサブスクリプション料金を変更させていただきました。初めてご利用される方のスタートアッププランが1500円/30日間、スタンダードな30日間プランが4,000円/1ヶ月、そしてお得な180日間プランが20,000円/6ヶ月に改定いたしました。何卒ご理解賜りますよう、お願い申...

  • MonyHorseの「Look Up」

    日本を代表するHip-HopクルーのYENTOWNに所属するラッパーのMonyHorseが新曲「Look Up」のMVを公開しました。プロデュースには同じくYENTOWNのU-LEEが担当、Chillな雰囲気のトラックの中でMonyHorseのラップや歌を楽しむことができます。またナイトクラブに限らず様々な現...

  • Playssonの楽曲がDJcityに掲載

    REAL TRAP 名古屋を拠点に全国的に活動するギャングスタラッパーのPlayssonがDJcityにてHip-Hopパーティーではマストなクラブバンガーを中心に掲載してくれました。ハイエナジーな作品が多く、Playsson本人がストリートこれまで経験してきた内容のリリックに注目です。Hip-Hop DJs...

  • 13ELLのニューシングル「STAR」

    京都を中心に全国的に活動するHip-Hopクルーである「DCAの奴ら」を代表するアーティストの13ELLがニューシングルである「STAR」をDJcityに公開してくれました。今回の映像では自身のクルーに加えて、WILYWNKAや孫GONGなどの人気ラッパー達がカメオ出演しています。楽曲もキャッチーな内容となっ...

  • DJcity Podcast: DJ BULLSET

    今月のDJcity Podcastは大阪を拠点に活動し、HIBRID ENTERTAINMENTに所属するDJ BULLSETが担当してくれました。今回は新譜のHip-Hopを中心に先日DJ BULLSETがSANTAWORLDVIEWとタッグを組みリリースしたEP、In The Neihborhoodに収録...

  • Spotifyの「DJcity Japan Selection」更新 (11/23)

    このプレイリストでは主に日本のナイトクラブでのトレンドを抑えた楽曲を現場目線でキューレートした内容となっています。 主に週に1度の間隔でプレイリストは更新されていきます。下記からDJcity Japan Selectionのプレイリストをチェック、DJの皆様は登録してみてはいかがでしょうか。 プレイリスト:...

  • DJcity Top 50 October 2022 Mix by A4

    2022年10月のTOP50ミックスを公開しました。今回もA4 (ACKO & DJ 4REST)がミックスを担当してくれています。 DJcityの2022年10月のTop 50にランクインしている楽曲をベースに30楽曲が収録されています。まだダウンロードしていない最新楽曲やリミックスなどをチェックす...

  • 楽曲の一括ダウンロードを可能にしたDJcityのデスクトップアプリ公開

    DJcityはレコードプールクレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が出来る、無料のデスクトップアプリケーションを開発しました。これにより、ダウンロードにかけていた手間と時間を大幅に短縮する事が可能となりました。 デスクトップアプリの主な機能: - クレート内の楽曲を一括でダウンロードする事が可能 - DJ...