YouTube Originalsからドキュメンタリー ”Coachella 20 Years in the Desert”が公開

新型コロナウイルス、COVID-19が世界中で蔓延してるために延期になったCochellaフェスティバルですが、YouTube Originalsではドキュメンタリー、Coachella: 20 Years in the Desertが公開されました。今回のドキュメンタリーではDJカルチャーの重要性とCoachellaフェスティバルの成長を結びつけた内容となっています。レイブのカルチャーがフェスティバルのコンセプトを確立するのに役立ち、ヒップホップとターンタブリズムはフェスティバルの進化に重要な役割を果たしました。

また、Steve AokiがDaft Punkの2006年でのCoachellaパフォーマンスを行ったことについて、現代の「EDM発祥の地」であると評価しています。
A-TrakはCoachellaの歴史に欠かせないDJであり、1999年Invisible Skratch Piklzとして出演、2006年にはKanye WestのDJ、またDuck SauceとしてArmand van Helden2011年2014年に出演しています。他にもDiploMobyなどのアーティストも特集されています。

関連: XXL Magazineが史上最高のHip-Hop DJ達を選んだ’Greatest Hip-Hop DJs Of All Time’を発表

Popular