SeratoのPitch’n Timeを使用してメロディーを弾く方法

Posted by on | No comments

SeratoのPitch’n Timeのプラグインを使用することで、SeratoのCueポイントを使用することでメロディを弾くことができます。パフォーマンスパッドを使用したクリエイティブなトーンプレイを行なっている様子を見ることができます。

今回のTurntable TechniquesではBeat RefineryDJ Little Rockのデモンストレーション動画を見ることができます。

関連: エコー機能を使い異なるテンポの曲を繋げる方法