R.O.A.D Podcast: DJ ZoがアジアでのDJの難しさについて語る

ロサンゼルスのパーティーロッカー、DJ Zo a.k.a. ZomannoがR.O.A.D. Podcastに出演しました。そこでアジア諸国にて、DJをすることの難しさや、そのチャレンジな環境をどう乗り越えるかについて語りました。

Zoは続けてThe LINE HotelLock & Keyでレジデントとして感じた、クラウドがカラオケの様に歌うスタイルの影響が、最終的にロサンゼルスのコリアンタウンでのナイトライフに繋がっていることについても述べました。

ビデオでZoは「アジアのマーケットではEDMやHouseが人気で、自分はそう言ったジャンルはあまり得意ではない。そう言った時は、移動中にDJcity等でダウンロードしたり、詳しい人に聞いたりしている。あとは今ベトナムで最も流行っている楽曲のTop3を教えて?みたいな感じで聞くね。」と語っています。

フルエピソードはこちらから。

R.O.A.D. Podcastの FacebookInstagramSoundCloudTwitter、そしてYouTubeをフォロー

関連: R.O.A.D Podcast: DJ Nitraneがオバマ前大統領、JAY Z、などセレブの前でのDJ経験を語る

Popular