JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (May.2022)」


NYCを拠点に第一線で活躍する日本人DJの一人、JAPANESE DEEが現地の状況やクラブでヒットしている楽曲をタイムリーにご紹介。「Reporting From New York」2022年5月にピックアップされた楽曲はこちら。

Jack Harlow – First Class
2007年にリリースされたFergie feat. Ludacrisのヒットソング”Glamorous”をサンプル。この曲はクラブとかソーシャルメディアで既に聴きすぎて、そろそろ飽きつつあるレベル(笑)。 IGのストーリーでラグジュアリーな物とか場所をアップする時によく使われてるよね。俺も確実にその一人(笑)。Jack Harlowの勢いはとどまる所を知らず、次のDrakeクラスの大物になる予感!アルバムCome Home The Kids Miss Youは今年のサマーアンセムになりそうです。

Daddy Yankee, El Alfa & Lil Jon – Bombón
Reggaeton界のボスDaddy Yankeeの最後のアルバムとなる“LEGENDADDY”からのカット。Dembowの人気アーティストEl Alfaと、パーティーソングの代名詞アーティストLil Jonとのコラボ。聴く前からアゲアゲなのが想像できちゃう感じで(笑)。NYC生まれのPRの友達に意味を聞いたらBombónはチョコレートやキャンディの意味で、この曲では綺麗な女の子を意味してるって言ってました。先にリリースされてる“Hot”はTop 40のパーティーで既に人気。Bombónは今はまだスパニッシュの人達からリクエストが多いですが、まだまだ伸びると思うので早めに紹介しときます。2曲まとめてチェックしてみてください。

Goya Menor & Nektunez – Ameno Amapiano (Remix) (You Wanna Bamba)
ガーナ出身でアトランタを拠点に活動しているマルチタレントのNektunezの“Ameno Amapiano”に、アンダーグラウンドで活動していたナイジェリア出身のAfro-FusionのアーティストGoya Menorをfeaturingに迎えたRemixが、TikTokのダンスチャレンジの影響もありクラブでも流行っています。Nektunezはシンガー、ソングライターまでこなしちゃうやり手のプロデューサー。

Pheelz & BNXN (Buju) – Finesse
最近の俺のハマり曲。1晩2回は必ずPlayする(笑)。ナイジェリア出身のプロデューサー/アーティストのPheelzとAfro-Fusionのシンガー/ソングライターBNXN (Buju)とのコラボソング。PheelzはナイジェリアのTopプロデューサーでFireboy DML、Olamide等々の曲を手がけている。BujuはWizKidのヒットソング“Mood”にもフューチャリングされていますね。タイトルを間違えて覚えてる人が多すぎて、リクエストは大抵“Folake”とか“If I Broke Na My Business”って言ってくる人が多い。TikTokでも#FolakeChallengeが流行ってたからかな。『金はないけど人生楽しもうぜ!』っていう、コロナ後の今の現実にぴったりの一曲。今世界で一番Shazamされてる曲の一つらしいです。

Fivio Foreign & Queen Naija feat. Coi Leray – What’s My Name
Brooklyn Drillを牽引するラッパーのFivio Foreinの今年出たアルバム B.I.B.L.E.の収録曲。最近90’s~2000’sの曲をサンプルするのがHip-hopの中で流行ってますよね。これもその1つ。1999年にリリースされたDestiny’s Childの大ヒット“Say My Name”をサンプルしてる。Destiny’s Childの“Say My Name”は白人さんやアジア人にも人気だし狙ってるな~って思いました(笑)。2005年のNe-Yoのヒットソング“So Sick”をサンプルしたFivioの“Love Songs”の方も同じパターンですよね。しかもこっちはNe-Yo本人がフューチャリングされているので、オリジナルからのスイッチがしやすいのでDJにはおすすめです。
FivioはPop Smoke亡き後、NYのHipHopを代表するラッパーになりました。Drillの音楽のバイオレントな要素がNYの治安の悪化を助長しているとNY市長から非難されるほど影響力は良くも悪くも計り知れません。FivioはDrillのコアな部分を残しつつも、ポップやレゲエなどの様子を取り入れてこれからDrillを進化させて行けるパワーを持っていると思うので、今後の活躍に期待してます。

関連: JAPANESE DEEがNY最前線クラブヒットをリポート「Reporting From New York (April.2022)」

Popular