Dillon FrancisがYoung Ashを迎えたシングル”BaBaBa (Vete Pa’Ya)を公開

Dillon Francis
Dillon Francis performs at Neuraum nightclub in Munich, Germany on April 1, 2018. (Source: Neuraum)

Dillon Francisがブロンクス出身のボーカリストであるYoung Ashをフューチャリングに迎え、新しくMoombahtonのシングル”BaBaBa (Vete Pa’Ya)“を公開しました。この楽曲はDillon Francisの公開予定であるアルバムに収録されます。

「今回のアルバムで以前作った楽曲”Que Que“を連想させるような、そしてよりパワフルで楽しい曲を作りたかったんだ。そして自分が作りたい曲にYoung Ashのフローがハマったんだ。今回の曲は自分の中でもすごい気に入ってるんだ。彼女の印象的であり強い声はMoonbahtonの楽曲に合っているよ。」とDillon Francisがコメントしています。

今回の楽曲はMVも同時に公開されておりストップモーションの技術を活用した映像となっています。Joel Strongがディレクターを務めた今回の映像ではDillon FrancisとYoung Ashが切り絵になって登場している様子を見ることができます。

“BaBaBa (Vete Pa’Ya)”が収録される公開予定であるアルバムのタイトルは未定ですが、今年中にDillon Francis自身のレコードレーベル、 IDGAFOSからリリースされます。

“BaBaBa (Vete Pa’Ya)”のダウンロードはこちらから。

関連: MV:Dillon FrancisがArcangelとQuimico Ultra Megaをフューチャリングに迎えた”Ven”

Popular