ビデオ: Ricky Reed がLizzo -“Truth Hurts”の制作過程について語る

トップエンジニアとして知られるRicky Reedがゲスト出演したPensado’s Placeの最新エピソードでは、Lizzoがどのように成功したのか、その背景について語られました。またプラチナ認定される楽曲(Jason Deluro & Snoop Dogg,“Talk Dirty”)を作りながら良い父親としていられる秘訣についてなども語りました。

Truth Hurtsはトラックの2小節のピアノイントロを基に様々な後から付け加えるというアイデアで構成されており、Ricky Reedは「この楽曲を最初聴いた時は豊かな楽曲の上に歌を付け加えることで良い作品になると思ったんだ。」とコメントしています。

集中力を持続させる方法、クリエイティブになる、スペイン語の勉強、プロフェッショナルな人生についてなど様々なことを語っています。

関連: MV: Lizzoの“Good As Hell”

Popular