カリフォルニア州がRobin ThickeとPharrell Williamsに$500万ドルの支払いを命じる

Robin Thicke and Pharrell

Pharrell WilliamsRobin Thickeの”Blurred Lines”がMarvin Gayeの”Got To Give It Up”の著作権侵害にあたるという陪審員の判決に対してカリフォルニア州は、Robin ThickeとPharrell Williamsに$500万ドルの支払いをMarvin Gayeの親族に支払うように命じました。

また、Marvin Gaye側にはさらに”Blurred Lines”の印税の50%を得ることになりました。今回の判決でMarvin Gayeの家族達の著作権を巡る5年間の法廷闘争に終止符が打たれました。

関連: MV: N.O.R.EがPharrell Williamsを迎えた”Uno Más”

Popular