【BENKAY】渡米中に最もPLAYした曲


現在ではOpenformat (オープンフォーマット) とゆう言葉を当たり前に使うようになったが、まだその言葉に聞き馴染みのない頃から日本でそのスタイルを体現し、2009年からロサンゼルスへ単身渡米。LA在住中は、ダウンタウンにある大型クラブExchange LAの週末ヘッドライナーを務め、Marqueeなど数々の有名クラブでゲスト出演するほか、ロサンゼルスで最も知名度の高いラジオ局POWER 106 LAの人気プログラム”JUMP OFF MIX”への出演を実現。日本国内のDJスタイルにも多大なる影響を与えたBENKAY (DJ BENKAY)。そんな彼がLA在住中の約5年間で最もPLAYした楽曲三選

Swedish House Mafia – One ft. Pharrell Williams
BENKAY : USを席巻したハウスのシンボルと言っても過言ではないSHMの代表曲の一つ。自分がExchange LAでこの曲をプレイした動画が削除されずに未だYouTubeにも残ってます。当時、このイントロが入った瞬間の盛り上がりに自分が中毒になってしまい、かなりプレイした事を覚えてます。

Calvin Harris – I’m Not Alone
BENKAY : Calvin Harrisの1stアルバムの衝撃は当時のUSで凄まじく、「お前分かってるね」みたいな声がフロアから聞こえてきそうな一曲でした。何かプレイしてる方も優越感を覚える感覚で多用してた事を思い出します。

Feede Le Grand – Back & Forth (Fedde’s Future Funk Remix) ft. Mr. V
BENKAY : 当時のSKAMの連中がこぞってかけてたのも覚えてるし、オープンフォーマットスタイル創世記を代表する一曲かと思います。USでウケて日本では微妙だった曲だったような記憶もあり、やっぱUSの客はさすが耳が肥えてるな〜、と実感させられた一曲でもありました。

関連: 【DJ MARTIN】渡米中に最もPLAYした曲

Popular